ダイヤモンド買取比較ランキング 最新版

安心して使える!返品無料のダイヤモンド買取店比較

ダイヤのリフォームと買取どちらがお得?

使わなくなったジュエリーのリフォームを行うサービスが増えています。ダイヤモンドの場合、リフォームするのと買取ってもらうのではどちらがお得なのか比較してみました。

リフォームと買取の違いは?

手持ちのダイヤで新しいジュエリーに作り替える「リフォーム」

ダイヤのリフォームは、持っているジュエリーに使われているダイヤをそのまま使用し、新しいジュエリーに作り替える方法です。

思い出を引き継げる魅力

例えば、形見分けや結婚記念などでもらった大切なダイヤのジュエリーがあったとしても、デザインが好みに合わない、デザインが古い、サイズが合わないなどの理由で使えないという場合があります。

その様な時にリフォームを行えば、使われていたダイヤはそのままに、新しい自分好みのジュエリーとして活用することができます。

素材の劣化も新しく

リフォームする時にはダイヤなどの宝石をそのまま使用し、台座をはじめとするその他の素材部分は全て新しい物で作られます。

長年保管し続けてくすみや劣化が出てきてしまっているジュエリーでも、新しく生まれ変わった綺麗な状態にすることができます。

ダイヤが割れていなければ、壊れた状態からでもリフォームすることも可能です。

いらないダイヤを売却する「買取」

一方ダイヤの買取は、いらなくなったダイヤやジュエリーをそのまま売却するというシンプルなサービスです。

リフォームではダイヤを使ったジュエリーに用途が限定されていますが、買取なら現金化できるので、必要な物の資金にしたり貯蓄にすることもできます。

ダイヤの需要は上昇傾向

日本でも好んで選ばれるダイヤは、世界的にも人気の高い宝石の1つです。

特に、中国や香港といったアジア圏での需要が高まっており、買い手が付きやすいことから近年では買取価格も高めに取引されています。

海外への輸出もさることながら、訪日外国人観光客の増加による国内での売り上げも見込めるので、今後も高く売れる可能性があります。

日本ではダイヤ買取の利用者数が増加

財務省の統計では、2015年の中古ダイヤの輸出量が前年の同時期と比較して77%も上回っていることが発表されました。

これ以降も輸出量は軒並み順調で、多くの人がダイヤの買取を利用していることが分かります。

これには「使わないダイヤをしまったままにせず、現金化して、食事や旅行に使いたい」といった考えを持つ人が増えているためです。

また、高齢者が増加している社会的背景からも、不用品を売ってその後に備えるという考え方が着実に増えてきており、ダイヤ買取は老若男女問わず幅広い世代に利用されるサービスとなっています。

ダイヤはリフォームと買取どちらを選ぶ?

リフォーム代金は意外と高い!

ダイヤのリフォームで気を付けておきたいのが、お直しの代金です。

元のダイヤがあるからそれほど高くないだろうと考えがちですが、実はリフォームするだけで10万円以上かかることがほとんどです。

今や、同じ値段でダイヤのついたジュエリーが購入できますので、思い出を大切にしている場合を除き、それほど利用するメリットがないのが現状です。

下取り代金はアテにできる?

もちろん、ダイヤ以外の部分の素材を下取りしてもらえるお店もありますが、素材部分の重量だけでは代金を賄えることはほぼありません。

また、リフォームの内容やデザイン、使用する素材によってはそもそも下取り価格を超えてしまうので、サービスがあったとしても「ちょっとの足しに」程度だと考えておきましょう。

ダイヤの買取なら費用ゼロで現金化

「リフォームにかけるだけのお金は出せないけど、いらないジュエリーを処分したい」という方は、ダイヤモンド買取の方がおすすめです。

買取店ならダイヤ1粒から、ジュエリー1点からでも査定してもらう事ができ、大きさやカットなどの評価に応じた金額で売ることが出来ます。

しかも、ほとんどの買取店ではダイヤの査定料や宅配買取の送料などの手数料がかからないので、無料で現金化することが可能です。

買取を利用するなら今がチャンス!

ダイヤのリフォームであれば、その価値に関わらず新しいジュエリーへと作り替えることが出来ますが、買取の場合はそのダイヤの価値によって買取価格が左右されます。

つまり、ダイヤは高く売れる時に買取ってもらうのが一番お得ということです。

需要のある内が売り時

買取られたダイヤは中古として国内外に流通し、新しい人やお店の元へと渡ります。

つまり、需要が高ければ高いほど買取価格が上がり、需要が低いと買取価格が下がってしまいます。

現在はアジアでの中古ダイヤの需要が高いため、ダイヤも高く買取ってもらえる時期です。

時期を逃すと需要も薄れ、買取価格もさがってしまうので、今のうちに利用するのがおすすめです。

PAGE TOP