古本の宅配買取を格付け!比較でわかった今おすすめの高価買取店

本を高く売るためにネットの宅配買取サービスを検証!

本のゴミとしての捨て方を詳しく解説!いらない本の賢い処分方法はコレ

本の処分を考えている方は正しい本の捨て方を確認しておきましょう。

また、捨てる以外の処分方法やお得に現金化する方法もまとめてあるので、不要になった本を手放す前に一読してみてください。

いらなくなった本の正しい捨て方は?

本は基本的に資源ごみ扱い

不要な本をごみとして処分する際に、紙でできているからと燃えるごみで出す人は少なくありません。

勘違いしている人も多いですが本は資源ごみとして扱われるのが通常で、燃えるごみに出しても回収してもらえないので注意です。

また、自治体によって分別方法が異なるため、ゴミに出す前に必ず自治体のHPなどを参考に確認しておくようにしましょう。

また、本に限らず漫画や教科書、雑誌、ノートなども資源ごみに分類されるので、安易に燃えるごみとして捨てないように気を付けてください。

ゴミ出しする時は綺麗にまとめて

本をゴミ出しする時に、ただゴミ捨て場にバラバラに置いておくのでは業者が回収しにくいうえに、他の利用者の迷惑にもなります。

また、強風だった場合本が飛んでいってしまったり散らばる可能性もあるため、古本を捨てるなら複数冊をまとめて束ねてからゴミ出しするようにしてください。

ビニール袋などに入れてゴミに出すのはNGなので、必ずビニール紐か紙紐で十字結びをするようにしましょう。

地域によっては革やビニールのハードカバーは外してからでないと回収してもらえないため、自治体の指示に従ってカバーの取り外しをしてください。

回収業者を利用するなら注意が必要

古本を含めて古紙回収を行っている業者もいるので、依頼をすればいらなくなった本を回収してもらえるでしょう。

ただし完全無料で利用できるわけではなく、処分には費用が発生する場合もあります。

利用する業者によって回収にかかる料金は異なるので、事前に把握しておくようにしましょう。

また、悪徳な業者の場合料金がかかることを告げずに不用品を回収し、後から高額な処分費を請求してきます。

実際に被害にあった人もいるので、回収業者やリサイクル業者に依頼をして処分を考えている人は、回収前に料金がいくらになるか必ず確認をとるようにしましょう。

ゴミとして捨てる以外にこんな処分方法も!

必要としている所に寄付をする

いらない本を整理するのが目的なら、捨ててしまわずに寄付をすることも検討しましょう。

寄付なら処分ついでに自分が読んできた本が他の人の役に立てられるため、社会貢献にもなります。

幼稚園や児童養護施設、老人ホーム、病院など色々な施設で寄付を募っているので、興味がある方は寄付先を調べてみるといいでしょう。

図書館でも寄付を受け付けている所はあるものの、珍しい本でもない限り寄贈を受け付けてくれないことの方が多いので注意です。

寄付を受け付けていない所に一方的に本を送ると迷惑になってしまうので、必ず寄付がOKな施設か確認してから寄贈しましょう。

また、寄付をする際の本の送料は自己負担になるため、寄付するまでに費用がかかることも踏まえて寄贈するのが賢明です。

古本屋に持ち込んで売る

いらなくなった本を捨てずにブックオフや古本市場などで売ろうとする人もいるでしょう。

古本を売れば処分できるだけでなくお金にもなるので、お得な捨て方と言えます。

しかし、ブックオフを始めとする古本屋は新刊でもない限り数円~数十円でしか買い取ってくれないので、買取価格には期待が持てません。

値段を一切気にしない人なら問題ありませんが「せっかくだから高く売りたい」という方は利用を控えた方がいいでしょう。

また、日焼けや汚れがある物や古すぎる本など、状態の悪い本はそもそも買取してもらえないケースも多々あります。

せっかくお店まで持って行ったのに、値段すら付けてもらえず持って帰るのでは二度手間になってしまうので、手間なく処分したい方には利用しにくい処分方法です。

宅配買取サービスを使って現金化する

今は古本屋にわざわざ持ち込まなくても、いらない本をお店に送るだけで現金化できる本の宅配買取サービスが人気を集めています。

宅配買取サービスなら店頭まで査定を受けに行く必要がないので、古本屋が近くにない人や売りたい本の量が多い人でも安心して利用できるでしょう。

また、ブックオフや古本市場のように実店舗を構えて運営している買取店よりも、ネットを窓口としている宅配買取店の方が再販ルートが多いです。

需要の限られた本でもネットを通じて全国に再販することができるので、状態の悪い本でも買取してくれる傾向があります。

古本屋では買取不可とされてしまった本でも売れる可能性が高いのは、宅配買取サービスの魅力の1つと言えるでしょう。

宅配買取が賢い本の捨て方と言われる理由は?

処分にお金が一切かからない

リサイクル業者に回収を依頼したり、本を寄付するとなるとどうしても費用がかかってしまいます。

また、古本を売る方法は古本屋の利用以外にも、フリマアプリやネットオークションなど色々とありますが、フリマアプリやネットオークションは会員費や販売手数料、送料などが発生するので、手元に入ってくるお金が結局少なくなってしまうことがほとんどです。

一方で、本の宅配買取サービスは送料や梱包材を店舗が負担してくれるので、お金をかけずに本を現金化できます。

もちろん査定料や代金を受け取る際の振込手数料も無料なので、一切お金をかけずに本を捨てたいという方にはおすすめの処分方法です。

古本屋よりも高価買取になりやすい

古本屋も宅配買取サービスも本の買取価格は変わらないと思っている方もいると思いますが、査定額が大きく変わることは多いです。

お店を構えている宅配買取店はテナント費や人件費がかかるため、その分本の買取価格は安めに設定されています。

しかし、無店舗経営の宅配買取店は実店舗よりも経費を浮かせることができるので、浮いた分のコストを本の買取価格に還元してくれるのです。

また、再販ルートも多く在庫量などを気にせず買取してくれるので、在庫過多を理由に安値を付けられたりすることもありません。

ただ処分するだけでなく高値で買い取ってほしいという方は宅配買取店の利用も考えてみましょう。