ブランド買取比較ランキング 最新版

「高く売れる」「使いやすい」と評判のブランド買取店を集めた比較ランキング

エルメスの買取価格の相場は?高価買取が狙える商品やポイントも紹介

バーキンやケリーのバッグで有名な、エルメスの買取価格の相場や、減額されずに高値で売るコツについて調べました。
バッグはもちろん、財布や時計、スカーフの買取相場価格も調査したので、これからエルメスを買取に出す予定の方は是非参考にしてください。

エルメスの買取事情

フランスの高級ファッションブランド「エルメス」

今では名の知れたファッションブランドとなっているエルメスですが、1837年の創業当初は馬具工房として鞍などを生産しており、1878年にはパリ万博にて鞍で金賞を獲得しました。

現在でも、ロゴには馬具工房に由来するデュック(四輪馬車)とタイガー(従者)が描かれており、「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味を込めて、主人は描かないデザインを採用しています。

1980~1990年代は、シャツや帽子を発注していた様々な会社を買収していましたが、現在エルメスと主に資本関係にあるのは、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどとなっています。

比較的に買収対象が小規模会社に留まっているのは、積極的に買収戦略を行っているカルティエやクロエ、ルイヴィトン、フェンディと異なり、職人技の維持を一番の目標にしているエルメスならではの特徴と言えるでしょう。

早くに自動車の登場による馬車の衰退を見抜き、皮革製品の事業に移ったエルメスは、現在でもバッグ、財布など様々な商品を製造し、多くのファンを集めています。

エルメスは中古でも希少価値が高い!

パリの人気ブランド・エルメスは、バッグから時計、財布、スカーフ、アクセサリー、靴など、様々な商品を製造・販売しており、どの商品も人気があります。

その中でも、特に人気があるのは皮革製品であり、バッグの需要は非常に高いです。

「高級バッグといったらバーキン」というイメージを持つ人も多数おり、エルメスのバッグに憧れを持っている人は少なくありません。

さらに、エルメスのバッグは手作業で職人たちが仕上げており、良い出来のものしか商品にならないため、市場に出回る数にも限りがあります。

そのため、需要が多く、中古の商品でもエルメスの商品は高値で取引される傾向があるのです。

丈夫に作られているということもあって、数年使ったものでも状態がよく、高価買取されるケースは珍しくありません。

そのため、以前使用していたけれど現在は不要なエルメスの商品があれば、そのまま保管しておかずに買取に出してみると、思わぬ値段が付くこともあるでしょう。

エルメスで特に高価買取が期待できるモデルは?

バーキン

エルメスの商品の中で知名度も人気も圧倒的に高いのがバーキンのバッグです。

バーキンは、エルメスの第5代社長のジャン=ルイ・デュマ=エルメスが航空機の機内で女性歌手・ジェーン・バーキンと偶然隣合わせとなったことが始まりと言われています。

彼女が、ボロボロになった籠へ色々な物を詰め込んでいるのを見て、何でも入れられる手持ちバッグをプレゼントさせて欲しいとエルメスが申し出たことにより、今のバーキンが誕生しました。

一言にバーキンと言っても、革の素材やカラー、大きさ、金具の色の組み合わせは様々で、中でも黒いカラーのバーキンは人気が高いです。

サイズは、通常は25cm・30cm・35cm・40cmの4サイズ展開となっているのに加えて、タイニーバーキンや、ショルダーバーキンなら45cm・50cmの大型バーキンもあります。

大きい物程値段が高く、高価買取されやすいというわけではなく、意外にもバーキンはサイズが小さいものほど高値で売れる傾向があります。

女性は小さいバッグの方が軽くて持ちやすいので、25cmや30cmの大きさのものが特に買取では人気があるようです。

ケリー

元々は「サック・ア・クロア」という名称だったケリーバッグ。

モナコ王妃のグレース・ケリーがサック・ア・クロアを使用していた写真が雑誌に掲載されたことによって、バッグの人気に火が付き、1956年には「ケリー」という名前に改称されました。

完成された美しいデザインは、多くの女性たちが憧れを集め、グレース・ケリーのようにハイクラスな女性になりたいと考える人からケリーは高い人気を得ました。

ケリーバッグは固めの素材と、柔らかめの素材のものとで2種類の形が存在しますが、中古での市場価格はどちらも同じくらいとなっています。

そのため、素材よりも革・金具の状態が査定に大きく関わるので、買取を考えている方は日頃から丁寧に扱い、大切に保管するようにしましょう。

カラーバリエーションも増えており、今でもバーキン同様に女性人気の高い商品なので、状態さえ良ければ想像以上の査定額になる可能性も秘めています。

ボリード

エルメスのバッグとなると、バーキンの方が知名度は高いですが、バーキンよりも早くに誕生したのがボリードです。

ボリードは世界初のファスナー付きバッグで、当初の姿が現在の商品にも受け継がれています。

ボリードはそのままハンドバッグとして使えるのはもちろん、付属のショルダーストラップを付けて使用することもできるなど、カジュアル・フォーマルの両面で使えるのが特徴です。

バーキンやケリーの人気があまりにも高いため、埋もれがちなボリードですが、女性らしい丸みを帯びたフォルムと、年齢問わずに持ち続けることができるエイジレスなデザインは、まさにエルメスのバッグと言えます。

バーキンとケリーに次いで査定額が期待できる商品なので、不要になったボリードがあれば査定に出してみましょう。

エルメスの買取相場価格は?買取店での買取価格を調査!

大人気ブランドのエルメスが、買取店ではどのくらいの値段で取引されているのか、買取価格を調査しました。
特に買取に出されることの多いバッグや財布、時計、また、小物の中でも人気の高いスカーフの相場価格を紹介します。
商品の状態によっても査定額は変わりますが、おおよその値段が知りたい方は参考程度に一読してみてください。

エルメスのバッグの買取価格

商品名 買取価格
バーキン25 トゴ ブルーニュイ C刻印 1,200,000円
バーキン30 トゴ ゴールド A刻印 1,350,000円
バーキン40 トゴ キュイーブル X刻印 800,000円
バーキン 35 トゴ グリアスファルト A刻印 1,300,000円
ケリー25 スイフト クレ X刻印 1,000,000円
ケリー35トゴ トゥルティエールグレー T刻印 750,000円
ケリー35 クシュベル ゴールド A刻印 550,000円
ミニケリー20 ボックスカーフ ブルーロイ  C刻印 ハンドルあり 900,000円
ボリード 31 トリヨンクレマンス エトゥープ 330,000円
エルメス ボリード 31 ブルーサンシール シルバー金具 トリヨンクレマンス 300,000円
ピコタン ロックPM グリーン 170,000円
ピコタン PM 黒 トリヨンクレマンス 100,000円

エルメスの財布の買取価格

商品名 買取価格
商品名 買取価格
フィヨルド ブルーインディゴ シルクインクラシック X刻印 36,000円
ブラック エプソン ケリーウォレットロング SV金具 A刻印 150,000円
ベアンスフレ 黒 ニロティカス J刻印 WGダイヤ金具 650,000円
ヴォーエプソン ベアン C刻印 100,000円
ベアンスフレ シェブルミゾル ムタード 90,000円

エルメスの時計の買取価格

商品名 買取価格
商品名 買取価格
Hウォッチ HH1.210 70,000円
クリッパー CL4.210 50,000円
ノマード NO1.210 40,000円
メドール ME1.201 70,000円
ラリー RA1.240 30,000円

エルメスのスカーフの買取価格

商品名 買取価格
ツイリー シルクスカーフ 13,000円
カレ90・シルクツイルスカーフ Hippopolis(イポポリス) 30,000円
カレ90・BRAZIL 14,000円
カレ90・CHEVAL DE MER 14,000円
カレ90・GLORIA SOLI 7,000円

エルメスの高価買取のコツを紹介!

購入時の付属品も忘れずに査定へ

ブランドアイテムを売る場合、購入時の付属品が揃っているかも査定額に関わります。

当然エルメスの商品も同様で、特にバッグには様々な付属品があるため、査定前は付属品の有無をチェックすることをオススメします。

バッグを入れる布袋、化粧箱、カデナ(鍵・南京錠)、クロシェット、バッグの蓋を保護する当て布などの付属品があると、査定額がアップしやすくなるので要チェックです。

特にカデナとクロシェットはバッグの査定額を決めるうえで大きな役割を果たし、あるのと無いのでは5万円程の差が出るとも言われているので、所持している方は必ず一緒に査定に出しましょう。

また、バーキンやケリー、ボリードにはレインカバーも付いているので、カバーも一緒に査定に出すのがオススメです。

年代が古くなるほど買取価格も下がる!

エルメスはブランド力が高いため、多少劣化しているものや年代が古いものでも値段が付かないことはほとんどありません。

しかし、近年発売された綺麗な商品の方が買取価格は高くなりやすく、発売から年数が経つにつれて査定額は下がる傾向があります。

商品によっては、製造年代が古いと、新しいものに比べて約20~40万円ほど査定額に差が出てしまうこともあるのです。

5年経過するごとに、5~10万円程買取価格が下がってしまうものもあるため、もう使わないことが分かっているものなら早めに査定に出した方がお得と言えます。

エルメスのバッグは丈夫と評判ですが、やはり使用と共に劣化してしまうのは避けられません。

もし高額査定を狙うなら、長い間保管しておくのではなく、劣化前に買取に出して高値を付けてもらうようにしましょう。

PAGE TOP