コスプレ衣装買取おすすめ比較ランキング 最新版

コスプレ衣装買取店の比較サイト

ウィッグのお手入れと保管方法

コスプレに必要不可欠なウィッグも、正しいお手入れ・保管をすることで、綺麗な状態を保てます。
衣装よりも少し工夫が必要ですが、長く良い状態を維持するために、意識してメンテナンスをしましょう。

ウィッグのお手入れと保管

ウィッグを傷めない保管方法

キャラクターのイメージを形成する上で重要となるウィッグは、正しい方法で管理しないと毛が絡まってしまったり、変な癖がついて使えなくなってしまいます。

ウィッグの保管方法で一番手軽にできるのは、ウィッグスタンドです。

ウィッグスタンドは簡単な作りの物から、顔の造形を模ったマネキンタイプのものまで様々な種類が販売されていますが、あまりお金をかけたくないという方は100円ショップなどで売られている物でも十分に機能します。

使い方は簡単で、ウィッグを上に乗せて保管するだけで、型崩れの心配もなく安心して保管できます。

マネキンタイプの物であれば、対峙して見ることができるためイメージ通りにセットしやすく、コスプレをする時にも非常に重宝します。

コスプレ衣装と一緒にしまっておく際には、コスプレ衣装のお手入れと保管方法も参考にしてみてください。

ネットを使ったウィッグの保管

ウィッグスタンドを使えない方は、ウィッグ用のネットに入れて保管することもできます。

購入時についてくる事もありますので、保存しておくと後々便利です。

ネットを使って保管する場合、ショートウィッグとロングウィッグで多少保管方法が変わってきますので、気を付けたい所です。

ショートウィッグの場合は、左右の毛が絡みづらいので、特に気をつけることはありませんが、ロングの場合には、きちんと毛を根元からヒモなどで束ねて置かないと、毛が絡んだり、毛先がぐちゃぐちゃになって使い物にならなくなってしまうので注意しましょう。

この時束ねるものは、ゴムを使うと取るときに面倒くさかったり、癖がついてしまったりするので、柔らかい紐やリボンなどで束ねておくのがおすすめです。

あまりきつく縛らない様にし、優しくまとめるようにしてください。

ウィッグの洗い方

基本的にウィッグは、頻繁に洗うほど劣化してしまうため、何度も使用する様であれば1か月~2か月に1回を目安に洗いましょう。

洗わないでおく時は、着用後にウィッグ専用の消臭スプレーをかけておきます。

定期的に洗う場合やスタイリング剤を使っている時は、洗面台や大きめのたらいなどで手洗いします。

ウィッグ専用のシャンプーやコンディショナーもあり、それを使った方が傷みにくいのですが、買い足すのが面倒な場合は市販品でもOKです。

ウィッグを洗う時のポイントは、洗う手順です。

まず最初に、コンディショナーをぬるま湯に溶き、毛先の方からブラッシングしながら徐々に浸していきます

これを行う事で、シャンプー中の髪の絡まりを防ぎ、ダメージを少なくすることが出来ます。

コンディショナーをした後は、軽くすすいでおきましょう。

次に、シャンプーを溶いたぬるま湯を作り、最初の手順と同じ様にして洗います。

直接髪や頭皮に触れる内側部分は、手で優しくこすり、洗い流します。

この時のすすぎは、シャンプーが残らない様しっかりと行ってください。

最後にまたコンディショナーをし、髪をコーティングしたら、最後のすすぎを行いましょう。

すすぎ終えたら、上から下に向かって絞っていきますが、髪の毛同士をこすり合わせたり、雑巾の様にねじらないのがポイントです。

あとはウィッグをタオルで包み、優しく押して水分を取り除けば完了です。

乾かす時は、ウィッグスタンドにかけておく様にしましょう。

人工毛・人毛ミックスのウィッグであれば自然乾燥をし、人毛100%であればドライヤーで乾かします。

PAGE TOP