カメラ・レンズの買取で本当におすすめの店は?

一眼レフやデジタルカメラは、リサイクルショップやフリマ、オークションより買取店がお得に売れます。
おすすめしたい買取店やお店の選び方、高く売るコツなど気になる情報をまとめてお伝えします。

カメラを売るなら宅配買取が良い理由

リサイクルショップは高く売れない!

カメラの処分を考える時、自宅の近くにリサイクルショップがあると利用したくなりますが、実はあまりおすすめできません。

リサイクルショップは、何でも売れてすぐ現金化できるのが魅力ですが、カメラの専門知識を持つスタッフはほぼいないのが難点です。

専門的な査定ができない場合、カメラやレンズ、パーツなどの市場需要を判断できないため、適正な価格をつけてもらうことができません。

すると当然、買取価格は相場よりもかなり安くなってしまうため、高く売りたいという希望を叶えられないのです。

人気の機種も安めの価格に

また、リサイクルショップは「この店舗で売れるか」が査定の判断基準になっているため、非常に限定的なルートでの販売しか考えていません。

つまり、どのような価値あるカメラでも、人気の機種であっても、地域的に売れないと判断されてしまうと、買い叩きにあってしまう恐れがあります。

カメラは本体だけでも決して安い物ではありませんから、値段が安くなりがちなリサイクルショップでの売却はおすすめできる方法とは言えないでしょう。

フリマアプリ・ネットオークションは面倒

近年、不要品を手軽に自分で売却できる方法として、フリマアプリやネットオークションの利用者が増えています。

これらのサービスは、自分で値段を設定することができるため売れた時の満足感が高いですが、売れるまでの手間が非常にかかるのが難点です。

出品登録のために写真撮影や説明登録、発送方法・送料の指定など様々な手順が必要になり、さらに顧客対応や発送なども自分で行わなければなりません。

また、設定した価格で売れる保証はなく、カメラのような競合の多いジャンルの場合、値段を落として出品しなければならないので売値も低くなりがちです。

トラブル続出!安全性にも注意

また、フリマアプリやネットオークションは個人売買になるため、出品者と購入者の間でトラブルが生じやすいのもデメリットです。

「説明の状態と違うから返品したい」「内部にカビがあり体調を壊したから慰謝料を払ってほしい」などクレームやトラブルの種類は様々で、警察や消費者センターも注意を呼びかけています。

メルカリやヤフオクといった大手媒体でも、ある程度は安全策を設けているものの、対応が十分とは言えず泣き寝入りする方もいるようです。

個人間の取引だからこそ、良い利用者ばかりではないということを念頭に、慎重に利用を検討しましょう。

専門査定のできる買取店がおすすめ

いわゆるカメラの買取店は、市場の需要をしっかりと反映し、専門的な査定をしてくれるお店の事を言います。

人気や希少価値、中古としての売れ行きを加味して値段をつけてもらえるため、正しい価値で取引することができ、高価買取にもつながる方法です。

自社販売だけでなく国内外に販路を持つお店が多いことも、より高く買取ってもらえるポイントです。

個人売買と違い、各都道府県の古物商許可を得た企業・店舗との取引になるため、安全性に優れているのも魅力です。

店舗よりも宅配の方が高価買取に!

カメラ買取店を利用するのであれば、お店を構えている店舗買取よりも、宅配便を使った受け渡しをする宅配買取の方がおすすめです。

各地域にお店を構えるとなると、店舗の維持費(賃料・土地代、光熱費)なども多くかかりますし、人件費もかさみます。

この点、宅配買取なら1つの拠点で全国対応ができるため、コストが削減できる分、買取価格に還元してくれるお店が多いのです。

宅配買取なら、自分の空いている時間に梱包準備や発送ができ、待ち時間もないので、日々忙しく時間がとりづらい方にも最適です。

形態によっては出張買取もアリ

自宅までカメラの査定に来てくれる出張買取は、店舗買取と宅配買取の中間と言えるサービスで、拠点の少ないお店や宅配買取と併用しているお店なら有効に利用できます。

ただし、各店舗から出張するタイプの買取店は、店舗買取と同じ形態となり高価買取が見込めないため、あまりおすすめできません。

今や多くの店舗が軒を連ねていますので、お店をしっかり見比べて、より手間なく高く売れそうな買取店でカメラを売りましょう。

手間なく高く売れるのは?カメラ買取おすすめ店ランキング

カメラの買取屋さん

カメラの買取屋さん

サービス

買取方法
出張、宅配
査定日数
出張:当日
宅配:最短当日
梱包資材
なし
入金日数
出張:当日
宅配:24時間以内
事前査定
可能
故障・破損
査定可能
手数料
無料
送料
無料(着払い発送)
キャンセル
無料
返送料
無料

カメラの買取屋さんの特徴

カメラ買取の専門店として10周年を迎え、累計10,000件以上の買取実績を誇る実力派です。

関東・関西・九州の27都府県で実施する完全無料の出張買取は、最短30分訪問&当日支払いというスピーディーさが特徴です。

また、出張買取対象外地域の方、時間がとりづらい方、自宅に招くのは不安な方には宅配買取も実施しており、安心して選択できるのも嬉しいところです。

無店舗型でウェブに特化しているからこそ、自信のある高価買取を実現しており、価格を特に重視したい方なら1度は利用しておきたいお店と言えます。

宅配買取を利用する方は、梱包資材の無料提供や集荷サービスがないので、この点だけ気をつけましょう。

買取可能ジャンル

カメラボディ、レンズ、ストロボ、一脚・三脚、露出計、ライトスタンド、モノブロック、モニター、バッグなど

カメラの買取屋さんの詳細を見る

カメラ買取アローズ

カメラ買取アローズ

サービス

買取方法
宅配
査定日数
2日以内
梱包資材
無料
入金日数
24時間以内
事前査定
不可
故障・破損
可能
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
お客様負担

カメラ買取アローズの特徴

様々なジャンルの買取を行っているアローズのうち、カメラを専門的に査定してくれる窓口です。

12時30分までの申し込みで当日集荷、査定・入金のスピーディーな対応など、迅速さが好評で、宅配買取なのにすぐ換金できます。

全体的な買取価格は少々安めに感じますが、買取金額アップのキャンペーンを開催しており、タイミングよく売れるとお得です。

査定後のキャンセル料は無料ですが、カメラ等の返送にかかる送料はお客様負担となる点が、少々使いづらいでしょう。

また、事前査定のサービスを実施していないため、利用してみないと概算すら分からないことも併せて考えると、利便性に欠ける印象が否めません。

買取可能ジャンル

カメラボディ、ビデオカメラ、トイカメラ、アクションカム、レンズ、カメラスタンド、カメラバッグ、ドローンなど

カメラ買取アローズの詳細を見る

カメラデイズ

カメラデイズ

サービス

買取方法
宅配
査定日数
2日以内
梱包資材
無料
入金日数
24時間以内
事前査定
可能
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
お客様負担

カメラデイズの特徴

独自の市場調査結果に基づき、プロのカメラ買取査定士が丁寧に値付けしてくれる、信頼性の高い買取店です。

全体的に買取価格が今一歩というイメージで、買取強化品も掲載数が少ないですが、他店より1円でも安ければ交渉することができます。

他店の相見積もりを取っておく必要はありますが、2~3店舗目に利用するとお得に買取ってもらえる可能性が高まります。

カメラデイズは買取対象品目が他店に比べてかなり少ないため、売れないアイテムがあるという点は注意が必要です。

また、キャンセル時の返送は着払いとなり、無駄な出費がかかってしまう点も使いづらさを感じるでしょう。

買取可能ジャンル

カメラボディ(コンパクトデジカメは5年以内のもの)、ビデオカメラ、レンズなど

カメラデイズの詳細を見る

写屋

写屋

サービス

買取方法
店舗、出張、宅配
査定日数
店舗・出張:当日(要予約)
宅配:3営業日以内
梱包資材
無料
入金日数
店舗・出張:当日
宅配:3営業日以内
事前査定
不可(過去実例の提供は可)
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
無料

写屋の特徴

関東を中心に全国に37店舗を展開しているカメラ買取の有名店で、初めてでも安心して利用できます。

店舗展開をしている分、買取額がやや伸び悩むケースもありますが、全体的には満足度の高い結果になる事が多いです。

スタッフの知識量の豊富さや対応力の高さに定評があり、出張買取でも不安なく依頼できるのも魅力と言えます。

ジャンク品は動作するもののみ買取対象となりますが、キズや破損があっても査定を受けることが可能です。

買取強化中のメーカーやブランドは、より高い金額が見込めますので、売りたいカメラと合致する方は査定を受けてみましょう。

買取可能ジャンル

カメラボディ、ビデオカメラ、レンズ、一脚・三脚、雲台、アクセサリー類、露出計、単眼鏡・双眼鏡、バッグ、防湿庫など

写屋の詳細を見る

コメ兵

コメ兵

サービス

買取方法
宅配
査定日数
到着後1~3日
梱包資材
無料
入金日数
最短翌日
事前査定
不可
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
無料

コメ兵の特徴

高級アイテムの買取に特化し、宅配買取サービスを提供しているコメ兵は、明治30年創業という老舗企業です。

取り扱いブランドが限られているのが難点ですが、カメラのメジャーブランドや人気メーカーなら問題なく買取可能です。

非常に多くのカメラの買取に携わってきた経験から、的確な鑑定眼で専門的な査定を受けられます。

価格面では高価買取になりやすいという訳ではありませんが、相場を抑えた安定的な価格が多い傾向です。

利用者数が急増する繁忙期は、査定や入金が通常よりも遅れがちになるため、余裕をもって利用するか時期を外して申し込みましょう。

買取可能ジャンル

カメラボディ、三脚、バッグ、双眼鏡、天体望遠鏡

コメ兵の詳細を見る

カメラの買取相場はいくら?気になる価格を調査

一眼レフ

デジタル一眼レフは、5年前に発売されたモデルでも1台30,000~40,000円の値が付き、比較的安定した価格が期待できます。

趣味用からプロ用まで幅広く展開されているため、中古でも買い手がつきやすい市場需要で、買取店としても流通させやすいからです。

アマチュア向けのカメラであっても、ミラーレス一眼のように幅広い世代に人気があるラインナップだと、もう少し高い50,000~80,000円ほどで売れるケースもあります。

性能の高さをウリにしている、プロ仕様のフルサイズ一眼レフなら1台150,000円前後になることも多く、レンズをセットで売れば200,000円を超すこともあります。

デジタルカメラ

一眼レフよりも手ごろな定価で、簡単に写真を楽しめるデジタルカメラは、1台10,000~20,000円程度が相場になっています。

デジタルカメラ自体は中古でも需要がありますが、買取店に売る人も多いため、在庫過多による値崩れが生じやすいというデメリットがあります。

さらに、一眼レフに比べて新機種発売やマイナーチェンジも多く、次々に新たなラインナップが登場するのも、値段が変動しやすい要素です。

年式が古い場合や状態が悪いデジカメは、0円になってしまうケースもありますので、不要になったり買い替えをしたらすぐ売るのが賢明です。

フィルムカメラ

昭和なイメージのあるフィルムカメラですが、実は未だに根強いファンが多く、カメラ愛用者がこぞって使っています。

現在は製造台数も限られているため、人気機種であれば買取相場は50,000円前後にもなり、中には100,000円の値が付く機種も存在します。

ただし、モデルやメーカー、状態などによってかなり価格差が生じるため、安いフィルムカメラは1台数千円の査定がつくこともあります。

減額査定になるカメラのポイントを紹介!

保存状態が悪いもの

長年使っているカメラに傷がついていたり、保存期間が長く動作不良を起こしているなど、保存状態が悪いものは査定額が下がります。

傷や汚れは中古として販売した際にイメージが悪く、売値を下げざるを得ないことから、買取額も安くなりがちです。

また、動作の不具合や故障個所があるカメラは、販売前に修理を行う必要があるため、その手間と費用を考えて査定額が抑えられます。

付属品が揃っていないもの

カメラを購入した際、充電器やコード、ストラップなどが付属しますが、原則このような付属品は完品が前提です。

また、付属品の中でも忘れがちなのが、外箱やカメラを包んでいた緩衝材ですので、出来る限りしっかり揃えて買取を利用するのがベストです。

一部紛失してもカメラを売る事はできますが、買取価格が下がってしまうので注意しましょう。

曇りやカビが発生しているもの

カメラのレンズに空気中の汚れが付着し、そのまま放っておくと曇りがしょうじてしまいます。

こまめにレンズを拭いている場合はあまり起こりませんが、長く保管していた場合やまめにお手入れしていない機種は注意が必要です。

レンズの曇りは拭いて取れる場合もありますが、重症度によっては分解清掃やレンズ交換を要することもあり、程度によって減額幅がことなります。

さらに、同じく空気中の汚れによってカメラに繁殖するのがカビで、レンズや内部に発生する事があります。

意外に思われる方も多いのですが、通気性の悪い場所で保管していたり、ずっと稼働させていない場合にはカメラの内外に生じやすくなるのです。

カメラのカビの除去は分解してクリーニングする必要があるため、査定額は減額されてしまいます。

製造年が古い機種

今やカメラの製造技術は日進月歩で、次々と新たな機能が搭載されるため、やはり中古でも最も需要が高いのは最新機種です。

基本的には、製造年が古くなればなるほど買取価格が低下するため、できるだけ早めに売るのが得策です。

ただし、フィルムカメラなど一部のカメラは、古いからこその価値・希少性があり、コレクションする人も存在します。

このような場合は、製造年が古くても値段が下がることはなく、むしろ高めに買取ってもらえる事もあります。

グレードの低い機種

カメラには入門向けで定価の安い「初級機」、アマチュア~セミプロ用の「中級機」、プロ仕様で高価な「上級機」があります。

カメラの買取では、初級機のようなグレードの低いカメラだと、定価と比例して査定額も安めになるのが定石です。

しかも、低グレードカメラは値付けが難しい事から、ある程度良好な状態でないとかなり減額されてしまいます。

そのため、品質が落ちたり動作に不具合が生じる前に、使用しなくなったらすぐに売った方が良いでしょう。

PAGE TOP