一眼レフのカメラは高く売れる?買取相場と高価買取店をリサーチ

最近、趣味やアマチュアカメラマンでも使う方が増えてきた一眼レフのカメラについて、買取相場を調べてみました。
また、一眼レフに強みがあり高く売れる買取店、売る時のポイントなども併せてご紹介します。

一眼レフはいくらで売れる?気になる買取相場

フィルム一眼レフ:2~5万円

フィルムカメラと聞くと昔のイメージを持つ方が多いですが、実は未だに新機種が発売されており、根強い人気を獲得しています。

深みのある写真を撮影できることから、カメラに詳しいプロの方や、趣味で撮影する方などが使っているのです。

中古機種でもまだまだ売れる価値ある存在で、1台あたり2~5万円程度が買取相場と言われています。

一眼レフになると、メーカーによる価格差はあまり大きくありませんが、特に人気の機種であれば10万円近い値が付くこともあるようです。

また、使い勝手の良いオートフォーカス搭載一眼レフよりは、フィルム一眼レフではマニュアルフォーカスの方が人気があり、買取相場が少し高めになります。

デジタル一眼レフ(APS-Cサイズ):3~5万円

デジタル一眼レフの中で、最も主流になっているAPS-Cサイズセンサー搭載のカメラは、初級~中級者まで幅広く使用されます。

一眼レフは新品の単価が高い事もあり、中古機種でも需要があるため、一般的にはエントリーモデルは1台3~4万円、中級機のハイアマチュアモデルは1台4~5万円の相場で買取ってもらう事が可能です。

なお、本体だけでなくレンズキットなどで購入した場合、相場価格に1~2万円程度プラスしてもらう事ができます。

購入する人が多い分、売る人も多いのでデジタル一眼レフのデメリットなので、できるだけ良い状態を保ったまま早めに売るようにしましょう。

デジタル一眼レフ(35mmフルサイズ)10~20万円

フォトグラファー・カメラマンなどのデジタル一眼レフには、高性能な35mmのフルサイズセンサーが搭載されています。

フルサイズセンサーは、APS-Cサイズセンサーに比べて高画質な撮影が叶う事から、買取価格もかなり高めになり、1台10~20万円前後の相場価格です。

レンズキットなど付属品が付く場合は、より高く買取ってもらうこともでき、最新機種になると30~40万円になる事もあります。

ただし、フルサイズセンサーが搭載されている中級機の場合は少々買取相場が下がるため、レンズキットで10万円超と考えておくと良さそうです。

一眼レフを売るなこの買取店がオススメ!

カメラの買取屋さん

カメラの買取屋さん

サービス

買取方法
出張、宅配
査定日数
出張:当日
宅配:最短当日
梱包資材
なし
入金日数
出張:当日
宅配:24時間以内
事前査定
可能
故障・破損
査定可能
手数料
無料
送料
無料(着払い発送)
キャンセル
無料
返送料
無料

カメラの買取屋さんの特徴

カメラ買取歴10年以上という実績ある買取店で、デジタルからフィルムまで一眼レフを安心してお任せできます。

店舗を持たずウェブに特化したサービスを行っており、余計なコストがかからない分を買取額に反映しているため、より高く売る事が可能です。

27都府県では、最短30分で対応できる出張買取も行っており、スピーディーな現金化が叶います。

また、出張買取の対象地域外なら宅配買取が利用でき、送料・返送料ともに無料なので安心です。

ニコンやキャノン、ソニーなどの有名メーカーのみならず、トキナー、シグマ、バートン、マンフロットなども高価買取しています。

カメラの買取屋さんの詳細を見る

カメラ買取アローズ

カメラ買取アローズ

サービス

買取方法
宅配
査定日数
2日以内
梱包資材
無料
入金日数
24時間以内
事前査定
不可
故障・破損
可能
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
お客様負担

カメラ買取アローズの特徴

総合買取店アローズのカメラ専門窓口で、カメラに精通するスタッフが1台ずつしっかり査定を行います。

個人・法人問わず、これまでに多くの一眼レフを買取してきたため、適正価格をつけてもらうことが可能です。

荷物到着後、最短2日で入金まで進めることができるので、初めて利用する方も安心して依頼できます。

期間限定で、買取価格アップキャンペーンを実施していますので、他店より高く売れるケースも多いのが魅力です。

ただし、キャンセルした際の返送料がかかってしまうので、この点は注意して利用したいところです。

カメラ買取アローズの詳細を見る

カメラデイズ

カメラデイズ

サービス

買取方法
宅配
査定日数
2日以内
梱包資材
無料
入金日数
24時間以内
事前査定
可能
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
お客様負担

カメラデイズの特徴

カメラの宅配買取を専門にしており、一眼レフと交換レンズは特に多くの買取実績を誇っています。

特に日本製一眼レフの買取に強みを持っており、ニコン、キャノン、オリンパス、ソニー、パナソニック、ペンタックスなどが取り扱いの主要です。

一方、海外製の一眼レフはあまり取り扱いをしておらず、ライカくらいしか売る事ができないのが残念な点と言えます。

一眼レフを売る際、本体とレンズ2本以上をセットで売ると、買取金額が10%アップするためお得に売る事ができます。

発送時に使用するダンボールは無料で提供してくれるので、準備の手間がないのも嬉しい所です。

カメラデイズの詳細を見る

写屋

写屋

サービス

買取方法
店舗、出張、宅配
査定日数
店舗・出張:当日(要予約)
宅配:3営業日以内
梱包資材
無料
入金日数
店舗・出張:当日
宅配:3営業日以内
事前査定
不可(過去実例の提供は可)
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
無料

写屋の特徴

全国的に展開する実店舗への信頼が厚く、出張買取や宅配買取でも安心してお任せできる店舗です。

買取強化しているのは日本製メーカーが中心となるため、海外製一眼レフを売るにはあまり向きません。

正常に動作することが前提ですが、美品一眼レフだけでなく、破損や大きな傷があるカメラも査定してもらうことが可能です。

他店で売れなかった一眼レフも、値が付く可能性がありますので、最後の砦として使用するのも良いでしょう。

写屋では事前査定を行っていませんが、出張料や宅配返送料などは無料で利用できるので、とりあえず価格が知りたいという方も使いやすい買取店です。

写屋の詳細を見る

コメ兵

コメ兵

サービス

買取方法
宅配
査定日数
到着後1~3日
梱包資材
無料
入金日数
最短翌日
事前査定
不可
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
無料

コメ兵の特徴

高級アイテムの買取専門店であるコメ兵は、特に需要の多いデジタル一眼レフのみ、買取を行っています。

フィルム一眼レフは売る事ができませんが、デジタルなら取り扱いメーカーが多いため、海外製カメラも売りやすいでしょう。

カメラ買取専門店ではないためか、全体的な査定額はやや低めに設定されており、値段重視の方にはオススメできません。

特に、レンズの買取価格がやや低めなので、併せて売却したいという方は少々使いづらさを感じるでしょう。

また、ボディ・レンズ以外はバッグしか売る事ができないので、周辺機器の買取に弱い印象です。

コメ兵の詳細を見る

一眼レフの値段はココで決まる!

需要のあるメーカーか

一眼レフカメラは様々なメーカーから発売されているため、より人気の高いメーカーの方が売れやすく、買取価格も高まります。

基本的にはニコンとキャノンが不変の2大トップですが、オリンパスやソニーの一眼レフも高めに買取ってもらう事が可能です。

また、意外と高く売れるのがドイツ製のライカで、実際の使用だけでなくコレクション性も高い事から、値段に期待が持てるでしょう。

メーカーだけで考えると、上記5つ以外はやや価格が安めになりやすく、他の査定要素で良い評価を受けられるかが鍵になりそうです。

性能の高い一眼レフか

一眼レフには、初心者が使う「入門機」、アマチュア・セミプロ向け「中級機」、カメラを仕事にするプロ用「上級機」があります。

性能面では、やはり「入門機<中級機<上級機」の順列になるため、入門機よりは上級機の方が高値での買取になります。

もちろん、カメラの性能が高くなるほど元の定価も高いですから、買取価格が高くなるのは当然と言えます。

ただし、ユーザー層の事を考えると入門機や中級機の方が需要が多いため、定価からの値下がり幅を考えると、性能が低い一眼レフでも大きな値崩れを起こすことはありません。

発売された年代はいつか

カメラは新製品が発売されるごとに、その特徴や性能などがアップデートされていきますので、古いカメラよりは新しいカメラの方が高く売れます。

一般的には、発売した年が1~2年古くなるごとに、1~2万円ずつ買取価格が下がると言われています。

たとえば、2019年の最新一眼レフの買取価格が10万円だと、2017年発売モデルは6~8万円、2015年発売モデルは2~6万円という事です。

今や、一般家庭でも一眼レフを購入する事があるため、中古市場は激化の一途を辿っており、早め早めに売るのが高価買取のポイントになるでしょう。

カメラの状態は悪くないか

一眼レフの使用頻度が高いほど、キズやスレ、汚れがつきやすくなりますが、状態が悪くなると査定額が低下してしまいます。

しかも、カメラの状態は使用していなくても経年劣化を起こし、ボディの変色やレンズの曇りなどが生じることがあります。

たとえば、新品・未使用状態で買取価格が50万円の一眼レフでは、かなり使用感があると10~20万円まで値が下がってしまう事も少なくありません。

中古カメラは定価よりも安く購入できることから、より状態の良い一眼レフが求められるため、使わないカメラはすぐ売るのが得策です。

付属品はすべて揃っているか

カメラを購入した際、箱、説明書、保証書、電池・充電器、ケーブル類、レンズキャップ、ストラップなどが付属してきます。

これらの付属品は、購入時の状態にすべて揃っている方が高く売れるため、細かなアイテムも入れ忘れないようにしましょう。

付属品を紛失してしまっても、売る事自体は可能ですが、買取価格が下がってしまうため注意が必要です。

特に、充電関連など無いと使用できないような付属品は、価格が大きく低下してしまいます。

レンズなどのオプションはあるか

一眼レフカメラは、レンズを交換することで広角、望遠など様々なシチュエーションで撮影できるようになります。

カメラ買取では、一眼レフのボディだけでなくレンズも併せて買取っているため、本体と一緒に売ってくれる顧客に対して総額を上げてくれるケースが多いのです。

一眼レフ用のレンズは、物によって価格差が大きいですが、様々な機種に使用できて汎用性が高いことから、カメラボディよりも値崩れしにくいのが特徴と言われています。

カメラと一緒に使わないレンズがあれば、一緒に売るとお得に買取ってもらう事ができるでしょう。

また、レンズだけでなく三脚やストロボ、バッグ、露出計などのカメラ用品もプラス査定になります。

一眼レフを売るなら宅配買取がオトクって本当?

店舗買取はスピード重視の方向け

地域にお店を構えているカメラ買取店は、売りたい一眼レフを持ち込めばその場で査定を受けられます。

当日中に現金化することができるので、今すぐに売りたい即金性重視の方には向いています。

しかし、お店を維持するコストが非常に多くかかるため、買取金額にはあまり期待が持てません。

「対面すると断りづらい」「移動してお店を比較するのが大変」という点から、ケースによっては買取相場価格を大きく下回る事もあります。

大量に売りたいなら出張買取もアリ

出張買取は、店舗の査定士が自宅を訪問して査定を行うので、わざわざお店に行く手間がかかりません。

そのため、カメラやレンズなどを大量に売りたい方、荷物の梱包をするのが大変なご年配の方には適したサービスです。

実店舗を持たないお店なら、買取価格にも期待はできますが、人件費・交通費などがかかっているため、大幅なプラスにはなりにくいのが難点になっています。

一眼レフのボディやレンズなどを数点売りたい場合は、あまりお得にならない事も多いので、まとめ売りしたい方が利用すると良いでしょう。

宅配買取なら手間なく高価買取に!

宅配便を使ってカメラを送る宅配買取は、荷物の梱包をしなければならないので、準備の手間が多少かかります。

ただし、自宅へ無料集荷に来てもらえたり、査定の待ち時間がかからないなど、総合的な利便性は優れていると言えるでしょう。

しかも、宅配買取はお店を持つ必要がないため、経費を大幅に削減することができる事から、他の買取方法よりも高く売れるケースが多くあります。

少ない点数を売りたい方でも利用しやすく、少しでも高く売りたい買取価格重視の方にもオススメです。

PAGE TOP