レンズを売るならどこが良い?おすすめのカメラ買取店を徹底リサーチ!

一眼レフカメラに付け替えて様々な撮影を楽しめる交換レンズも、不要になったものは買取店で売る事が可能です。
どのお店ならより高く買取ってもらえるのか、レンズの買取に強い店舗や買取時の注意点をまとめて紹介します。

カメラレンズの買取相場はどのくらい?

Canonのレンズ

一眼レフメーカーとしても人気の高いキャノンのレンズは、買取相場にかなり開きがあるのが特徴です。

平均的な買取相場は2~5万円程度ですが、「EF11-24mm F4L USM」「EF24-70mm F2.8L II USM」「EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM」などの人気のレンズは100,000円を超える価格で売れる事もあります。

一方、「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S 24mm F2.8 STM」「EF50mm F2.5 コンパクトマクロ」といった需要の少ないレンズの場合、10,000円を切る買取価格になってしまうケースもあるのです。

Nikonのレンズ

カメラ本体ではキャノンの肩を並べて愛用者の多いニコンですが、実は、レンズの買取相場はキャノンよりも安めになりやすい傾向です。

買取相場の平均を考えると、2~4万円程度とキャノンと同等レベルで売ることができるため、幅広く比較高めに買取ってもらえるメーカーと言えますが、ニコンのレンズで100,000円を超える事はかなり少ないのが現状です。

「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」や「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」といった限定的なモデルや、「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」などの超望遠対応のレンズしか、高額な査定は見込めないでしょう。

Panasonic(LEICA)のレンズ

日本メーカーの一眼レフで意外と支持者の多いパナソニックは、1~2万円がレンズの買取相場と言われています。

キャノンやニコンほど交換レンズのラインナップが多くなく、中古の需要もやや低いため、100,000円を超える高額買取はほとんどありません。

標準ズームレンズや標準焦点レンズの場合、2,000~5,000円程度の買取価格になることも多いので、値段については過度に期待しない方が良いでしょう。

唯一、パナソニックが協業しているライカのレンズ「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400」は買取でもかなり好調で、80,000~90,000円程度が相場価格となっています。

SIGMAのレンズ

シグマのレンズは、キャノンやニコン、ペンタックス、ソニーなどの各社の一眼レフに使えるレンズを展開しているのが特徴です。

純正レンズではないものの、お手頃価格で新しい交換レンズが購入できるとあって、多くの需要に応えてくれます。

しかし、シグマのレンズはそもそもの定価が安めになっている事から、買取価格も比較的抑えられがちです。

相場は10,000~40,000円程度となりますが、傷や汚れ、状態、対応メーカーによって価格が下がることも多いため注意しましょう。

レンズの売却はお店選びに注意が必要!

レンズの単品買取に対応していない事がある

カメラの交換レンズは、アマチュアからプロまで多くの人から需要があるため、人気のレンズを中心に中古品でも買い手がつきやすいと言われています。

しかし、レンズの購入者はカメラを趣味や仕事にしている人がメインになるため、入門者・初心者からのニーズが少なく、どうしてもメインは一眼レフ本体になりがちです。

そのため、買取店においても、「レンズは取り扱っているが単品では売れない」という事があるので、利用の際には買取可否をよく調べるようにしてください。

レンズの単品買取を行っているお店の場合、一眼レフ本体と一緒に売る必要がありますので、まだ使用予定がある方は他の買取店を探した方が良いでしょう。

専門知識のないお店は買取価格が安定しない

カメラを買取っているお店は、カメラとその周辺機器だけを扱う「専門店」と、カメラ以外も様々なジャンルを扱う「総合店」に大別されます。

レンズを売る時に注意したいのは、総合店を利用すると専門店に比べて買取価格が下がる可能性があるという事です。

カメラの専門店であれば人気や需要の情報をいち早くキャッチし、より正確な査定が行えます。

一方、総合店はカメラやレンズ以外の不要品もまとめて売れるという便利さはあるものの、カメラに精通している訳ではないため、査定基準が曖昧になりがちです。

査定は型番や中古での人気ではなく、素人目でも分かる状態に特に重きを置かれがちで、本来なら高く売れるはずのカメラが安く買取られてしまう恐れがあるのです。

「正しい価値でレンズを買取ってもらいたい」「せっかく売るなら少しでも高く買取って欲しい」という方は、カメラ買取の専門店を選ぶのが良いでしょう。

実店舗よりは宅配買取の方がより高値に

街中にお店を構えている買取店は、予約不要で利用できる、その日のうちに現金化できるなど、便利さに長けています。

しかし、店舗を維持するための賃料や光熱費、人件費などコストがかかるため、お店の利益が上がりづらく、買取価格は低めになりがちです。

一方、インターネットを窓口にしている宅配買取は無店舗型のため、各地域にお店を持つ必要がなく、1つの拠点で全国からの買取依頼に対応できます。

コストを抑えて運営できる買取方法なので、お店としても利益になりやすく、買取価格に還元することができるのです。

フリマアプリやネットオークションはトラブル発生も

カメラのレンズを売る際、買取店以外にフリマアプリやインターネットオークションを利用することもできます。

いつでも気軽に利用できるサービスで、売値を自分でつけることができるため、多くの人に利用されています。

ただし、購入者からのクレームが多く、個人売買となるため万が一の場合の企業対応も十分とは言えません。

レンズの状態や動作に関して、写真や説明が本品と完全に一致していないと、予想だにしないトラブルが生じてしまうリスクがあります。

警察や弁護士のもとに相談が寄せられる事も多く、安全に利用できるサービスとは言い切れないのが現状です。

カメラ買取店なら、公安委員会の古物商許可を受けたお店に対してレンズを売却するので、より安心して利用できるでしょう。

レンズを売る時に使いたいオススメの買取店

カメラの買取屋さん

カメラの買取屋さん

サービス

買取方法
出張、宅配
査定日数
出張:当日
宅配:最短当日
梱包資材
なし
入金日数
出張:当日
宅配:24時間以内
事前査定
可能
故障・破損
査定可能
手数料
無料
送料
無料(着払い発送)
キャンセル
無料
返送料
無料

カメラの買取屋さんの特徴

カメラ、レンズ、カメラ周辺機器を専門的に買取っており、10周年を迎える実績のあるお店です。

カメラに精通したプロが査定を行うため、美品から壊れているジャンク品まで幅広く売ることができます。

ウェブに特化している買取店なので、買取価格の高さにも定評があり、値段重視の方にもおすすめです。

キャノンやニコンなどの有名なメーカーはもちろんのこと、海外メーカーなどニッチなメーカーのレンズも査定できます。

また、宅配買取だけでなく即日対応の出張買取も実施しており、よりスピーディーに売却したい人にも利用しやすいでしょう。

カメラの買取屋さんの詳細を見る

カメラ買取アローズ

カメラ買取アローズ

サービス

買取方法
宅配
査定日数
2日以内
梱包資材
無料
入金日数
24時間以内
事前査定
不可
故障・破損
可能
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
お客様負担

カメラ買取アローズの特徴

個人・法人を問わず、非常に多くのカメラ・レンズを買取ってきた、信頼と実績のある買取店です。

アローズ自体は総合買取店ですが、カメラ専門の買取窓口を設置し、専門知識を持つプロが査定を行うため価格面も期待できます。

レンズ1点からでも買取が利用できるため、思い立ったらすぐに利用できるという便利さもポイントです。

査定は荷物到着の当日~翌日中に完了し、成約後24時間以内に振込できるため、宅配買取の中でもスピード感のある対応が受けられます。

期間限定ではありますが、お得に売れる買取額アップキャンペーンも開催しているので、1度は利用を検討したいお店でしょう。

カメラ買取アローズの詳細を見る

カメラデイズ

カメラデイズ

サービス

買取方法
宅配
査定日数
2日以内
梱包資材
無料
入金日数
24時間以内
事前査定
可能
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
お客様負担

カメラデイズの特徴

インターネットに特化したカメラ買取を行っており、コスト削減による高価買取を実現しています。

他店よりも1円でも高かった場合は見積もりや明細を提示することで交渉する事もでき、しっかり価格を比較して利用したい方には特におすすめです。

簡易的にはなりますが、事前見積もりも受けられるので、より安心して利用できるのも魅力でしょう。

梱包用のダンボールはお店が無料で送付してくれるので、発送の準備も手間がかからず便利です。

ただし、買取額アップキャンペーンについては、カメラボディとセットでないと対象にならないのが残念な点と言えます。

カメラデイズの詳細を見る

写屋

写屋

サービス

買取方法
店舗、出張、宅配
査定日数
店舗・出張:当日(要予約)
宅配:3営業日以内
梱包資材
無料
入金日数
店舗・出張:当日
宅配:3営業日以内
事前査定
不可(過去実例の提供は可)
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
無料

写屋の特徴

北海道から九州まで全国に38店舗ものお店を構え、地域の人々にも愛されてきたカメラ専門の買取店です。

カメラに詳しいスタッフが1点ずつ丁寧に査定を行うので、買取初心者でも安心して利用することができます。

多数の店舗を持っているためか、他の買取店に比べて価格が伸び悩むケースもありますが、おおむね満足度の高い声が多いようです。

しかも、動作に問題がなければ破損・傷などのあるジャンク品のレンズも、程度によっては買取ってもらうことができます。

万が一査定の金額に不満があった場合、返送分の送料は買取店が負担してくれるので、より気軽に利用できるサービスと言えるでしょう。

写屋の詳細を見る

コメ兵

コメ兵

サービス

買取方法
宅配
査定日数
到着後1~3日
梱包資材
無料
入金日数
最短翌日
事前査定
不可
故障・破損
動作するものは可
手数料
無料
送料
無料
キャンセル
無料
返送料
無料

コメ兵の特徴

ブランド品や着物など高級アイテムの総合買取店として有名なコメでも、カメラやレンズの買取を実施しています。

専門店に比べればカメラ・レンズの買取実績は多くないものの、買取店としてはかなりの老舗なので安心感があります。

高価買取中のレンズは、ソニー・富士フィルムのミラーレス用に限定されているため、少々手薄な印象ではあります。

ただし、マイナーブランドや海外メーカーのレンズも売る事が可能で、取り扱いの幅が広いのは流石と言ったところでしょう。

なお、繁忙期を中心に対応スピードが遅くなりがちなので、早めに現金化したいという方は注意が必要です。

コメ兵の詳細を見る

レンズがより高く売れる!買取時の工夫のコツ

きれいな状態を保って買取に出す

買取されたカメラレンズは、クリーニングやメンテナンスを施された後、中古品として流通・販売されます。

そのため、傷や汚れが少なく、中古でも買い手がつきやすい状態のレンズの方が、より高い買取価格が見込めるのです。

査定の際にできるだけ良い印象を持ってもらえるよう、梱包の前に自宅でできる範囲のお手入れはしておきましょう。

レンズはボディと違い消耗の少ないパーツではありますが、保管環境が悪いとレンズ内部でカビが繁殖し、曇りやシミなどが発生してしまいます。

カビは目に見えなくても胞子が増えている恐れがありますので、防湿庫を自宅に用意していない方は、不要になった時点でできるだけ早く買取に出しましょう。

付属のパーツを入れ忘れない

レンズを購入した際、ケースやキャップ、フードなどの付属する事がありますが、査定の際はこのような付属パーツも基準の1つとなっているため、揃えて査定に出す必要があります。

また、外箱や説明書も付属品としてみなされますので、保管している方は必ずセットにして査定に出してください。

完全に揃っていなくても売る事は可能ですが、買取価格が下がってしまいますので、できる限り購入時の状態に揃えましょう。

いらなくなったらすぐに査定してもらう

カメラのレンズはボディよりも寿命が長く、5~10年以上使える製品もたくさんあります。

しかし、最近のレンズにはオートフォーカスや手振れ補正といった電子部品が使われており、昔のレンズに比べると故障頻度が高くなっているのが現状です。

もちろん、動作が正常であれば買取ってはもらえますし、故障があっても修理で直る程度であれば値段はつけてもらえます。

しかし、型が古くなるほど売った後に故障するリスクが増える事から、価格が下がりやすくなってしまいますので、いらないレンズは早めに売却しましょう。

売りたい物はまとめて買取へ

カメラのレンズはボディを持つ人が単品で購入する事も多いので、他のジャンルに比べると1点だけでも買取してもらいやすいアイテムです。

値がつきやすい物ではありますが、他のレンズや周辺機器、カメラボディと併せて売ると全体的な買取価格が上がりやすくなります。

特にレンズは、使用できるボディとセットにすることで、単品ずつ売るよりもプラスの評価をしてもらえる事が多くなっています。

また、単品だと値段がつけられないレンズでも、他のアイテムと一緒に売ればまとめ売りとして総額を上げてもらえるケースがあるので、できるだけまとめて同じ買取店に売るのが賢明です。

PAGE TOP