DVD買取比較ランキング 最新版

DVDの高価買取店をランキング形式で紹介!

CDの買取にオススメの方法は?ブックオフより高値で売れるのはどこ?

CDの買取を検討中の方に向けて、ブックオフやゲオのCD買取の評判や、オススメの買取方法などをまとめました。
高く売れるCDの条件なども紹介しているので是非チェックしてみてください。

CDを売るならどんな買取方法がオススメ?

フリマアプリを使って売る

スマホを持っていれば、誰でも簡単に不要な物を出品できるフリマアプリ。

メルカリやラクマなどを利用して、いらなくなったCDを売却している人も少なくありません。

自分で値段を設定できるため、安値で手放す心配がないのが魅力の1つでしょう。

ただし、フリマアプリは購入者が現れないといつまでも現金化できないため、早くCDを売りたい人には少々不便です。

また、買取が成立した際には送料や販売手数料がかかるので、販売価格の全額を受け取れるわけではないのも難点でしょう。

ネットオークションに出品する

フリマアプリと同様に、スマホやPCがあれば手軽にネットオークションにてCDを出品することができます。

プレミアものなど、レアリティが非常に高いCDなら予想以上の値段で落札される可能性もある一方で、通常のCDだとなかなか高値にならないのが残念な点です

ネットオークションも、販売手数料や送料の他に、会員費などが発生するため、商品の落札価格によっては手数料分で損をするケースもあります。

また、ネットオークションでは、出品者と落札者でトラブルに発展することも頻繁にあるので取引時には十分な注意が必要です。

買取サービスを使って売却する

CDを現金化する方法は様々ですが、手間や余計な費用をかけずに売却したいなら、フリマアプリやネットオークションを使うよりも、買取店の利用がオススメです。

買取店なら、個人間の取引ではないため、取引中にトラブルに発展することもない他、売りたい商品をお店に渡すだけで現金化できるため、出品用の写真を撮ったり、購入者と連絡を取ったりする手間がありません。

出品したCDの購入者が現れるのを待っている必要もないため、スピーディーに買取を済ませたい方にも買取店を使っての売却はピッタリです。

ただし、利用する買取店によっては相場より安値を付けられてしまうこともあるので、できるだけお得にCDを手放したいなら、お店選びも重要になります。

どんな買取店なら買取価格に期待が持てる?

ブックオフなどの大手買取店はどう?

CDをお店で買取してもらうとなると、ブックオフなどの全国チェーン店への持ち込みを考える人もいるでしょう。

たしかに、ブックオフやゲオなどでもCDの買取はしていますが、利用者の口コミなどを見ると査定額には期待が持てないのが現状です。

「CD1枚の値段が1円だった」「古いことを理由に0円にされた」などの声もあるため、処分として持ち込むならアリですが、できるだけ高値で売りたい人の利用には不向きでしょう。

CDの査定額が安くなりがちなのは、ブックオフやゲオに限った話ではなく、実店舗を構える全ての買取店に言えることです。

実店舗は、人件費やテナント費がかかるため、できるだけ安く商品を買い取り、高値で売ることで利益を上げなければなりません。

そのため、流行が過ぎた物は大幅に減額されたり、些細な汚れや傷で0円扱いになってしまうことが多いのです。

査定額を重視するならネットの宅配買取店へ

CDの高額査定を狙うなら、実店舗への持ち込みよりも、ネットの買取店を利用するのが有効です。

ネットの買取店は無店舗経営のため、実店舗ほど人件費や運営費はかからず、経費を節約することができます。

浮いた分のコストは商品の査定額に還元してくれるので、実店舗でCDを売った場合よりも高価買取になりやすいのです。

また、買い取った商品はネットを通じて全国に再販されるため、マニアックな商品や状態が悪い物でもしっかりと売り捌くことができます。

ブックオフやゲオで買取不可とされてしまったCDでも、値段を付けて買い取ってもらえるケースもあるため、諦めずにネットの買取店に出してみるのがオススメです。

さらに、送料や発送に使う梱包材は店舗が負担してくれるので、利用者がお金をかけることなくCDを売却できるのもポイントと言えるでしょう。

買取価格が高くなるCDの特徴

発売されて日の浅いCD

どんな商品にも共通して言えることですが、発売されたばかりの商品は需要が高いため、査定額も高くなる傾向があります。

逆に、発売日から日が経つにつれて商品の価値は下がってしまうため、不要な物ならすぐに売却するのが高価買取のコツです。

ネットの宅配買取店でも、発売されたばかりのCDは高価買取商品として扱われているため、通常よりお得に手放しやすくなっています。

店舗によっては買取価格を保証している所もあるので、もう聴く予定のないCDならすぐに査定に出しましょう。

綺麗な状態のCD

CDが正常に再生できるのはもちろんですが、査定ではCDのコンディションも評価されます。

歌詞カードが折れ曲がっていたり、ケースにヒビが入っているなど、状態の悪い物は減額対象となってしまうため、日頃からCDは大切に保管するようにしましょう。

棚などで保管していたCDも、しばらく再生していない物はホコリを被っている可能性があります。

ホコリまみれのまま査定を受けるのは印象が良くないので、査定前に軽くCDの状態をチェックしておきましょう。

少々手間はかかりますが、査定を受ける際には、メガネ拭きなどの柔らかい布でCDディスクを拭いておくのも有効です。

また、歌詞カードなどを入れ忘れて査定に出すと欠品扱いされてしまうこともあるため、購入時に付いてきた物は全て揃えた状態で査定に出すのが懸命です。

特典の付いているCD

CDの中には、ブロマイドやサインなどの特典が付いているCDもあります。

特典付きのCDは、そのアーティストのファンにとっては非常に需要が高いため、中古でも高値で売れる傾向にあります。

特典付きCDの買取に積極的なお店も多いので、通常版よりも高額査定を狙いやすいのは確かでしょう。

ただし、当然ながら特典が欠けた状態で査定に出しても限定盤として評価してもらえないので、忘れずにCDと一緒に特典も出すようにしてください。

また、特典の状態も査定額の評価に関わるため、CD同様に日頃から大切に保管することを心掛けましょう。

PAGE TOP