芭蕉布の買取相場価格を公開!高く売れる買取店もチェック!

長い歴史を持つ伝統的織物の芭蕉布の購入時の値段や買取価格の相場を紹介しています。
着物や帯、小物によって価格も異なるのでぜひチェックしてみてください。
また、どういった店舗を使えば芭蕉布が高値で売れやすくなるのかも調査しました。

沖縄を代表する高級織物・芭蕉布

そもそも芭蕉布はどんな織物?

芭蕉布は沖縄の伝統的な織物で、バナナの仲間にあたる糸芭蕉の繊維を、草木染めして高機で織った物を指します。

沖縄県、奄美諸島の特産品で、国の重要無形文化財としても指定されるなど、非常に貴重な織物です。

一反の芭蕉布を織るには、200本もの芭蕉が必要になる他、完成までに2ヶ月かかることもあって市場に出回る数も少ない希少な織物となっています。

特に、より内側のやわらかい繊維を使ったものほど高級とされ、高値で取引されることが多いです。

芭蕉布は着物や帯に仕立てられることが主でしたが、今ではトートバッグや日傘などの小物も生産・販売されています。

500年前から続く芭蕉布の歴史

芭蕉布の歴史が始まったのは、およそ500年前と言われており、琉球王国には王宮の管理する大規模な芭蕉園がありました。

その芭蕉園で生産された芭蕉は明や、江戸時代に琉球を支配した薩摩藩絵の貢納品としても用いられていたと言います。

王宮だけでなく、庶民の間でも、アタイと呼ばれる家庭菜園にて糸芭蕉が育てられ、各家庭で芭蕉から糸を作っていました。

第二次世界大戦後は、芭蕉布作りが途絶えかけていたものの、人間国宝の平良敏子の活躍もあって、芭蕉布は途絶えず、伝統と技術は現在まで受け継がれてきました。

現在は、沖縄にある大宜味村が芭蕉布の里として知られており、年間250反ほどの芭蕉布が生産されています。

芭蕉布が持つ特徴

芭蕉布は、繊維が丈夫でコシがあるのに加えて、軽くて通気性が良いのが特徴です。

生地にハリがあるため肌にまとわり付くことがなく、汗をかきやすい夏でも不快になることがないと、夏場の衣服として重宝されています。

帯の場合、使い始めはハリのせいもあって、固くて結びにくいと感じるものの、使い込む内に手に馴染んでいくのも芭蕉布の1つの魅力と言えるでしょう。

芭蕉布の柄の特徴としては、県外では無地織のものか、テイーチ(シャリンバイ)の焦げ茶色で絣を織る柄が最も知られているため、芭蕉布というと茶色の絣の柄をイメージする人がほとんどです。

しかし、沖縄本島では琉球藍で染めたクルチョーという藍色の絣も高い人気を得ており、どちらもシンプルで清涼感のある仕上がりになっています。

芭蕉布の着物や小物の値段は?

芭蕉布の小物が沖縄で大人気

沖縄では、芭蕉布を使った様々な小物が販売されており、観光客がお土産として買っていく他、通販で購入する人も増えています。

小物といっても芭蕉布が使われているため高価で、キーケースのように小さなものでも5,000円する他、扇子なら2万円程、名刺入れやなら1万円程、長財布や二つ折り財布は4万円程します。

帽子は2万円前後、バッグは1万円~9万円程と、値が張ることがほとんどですが、量産品ではないうえに、質も良いため、需要が衰えることはありません。

通販で販売されても、在庫が少なく、すぐに売り切れになってしまうので、購入を希望する方は早めの注文を心がけるのがおすすめです。

芭蕉布はいくらで購入できる?

購入するお店によっても芭蕉布の価格は変化しますが、総じて言えるのは、希少な織物ということもあって高値な商品がほとんどということです。

安いものなら10~30万円程で購入できるものもありますが、人間国宝の作品などを含めて、通常は40~80万円程の値が付けられており、更に高額なものなら90万円を超えることも珍しくないため、まさにピンキリの商品と言えます。

年間250反程しか生産できないことを考えると、これだけ高額になってしまうのも頷けます。

芭蕉布は着物や帯に限らず、小物も数万円するものが多いため、まさに沖縄を代表する高級織物と言えるでしょう。

芭蕉布を買取に出すならココをチェック!

芭蕉布の買取価格の相場はいくらになる?

芭蕉布の元の値段にもよりますが、買取店に売却した場合、4~8万円程で買い取られる傾向にあります。

もし10~30万円程の芭蕉布なら、その価格の1/10の値段として1~3万円程になることもありますが、さらに高級な作家物を売った場合は10万円以上の査定額も期待できるでしょう。

芭蕉布に証紙がついていた場合には、商品を査定するうえで重要なので、忘れずに商品と一緒に証紙を出すようにしてください。

芭蕉布は乾燥に弱く、適切な温度で保管をしていないと劣化が進んでしまうため、高額査定を狙うためにも、なるべく早めに査定に出すのがポイントとなります。

不要なことが分かっている場合は、着物が傷まないうちに買取に出すようにしましょう。

芭蕉布の高額査定を狙うなら着物専門の宅配買取へ

芭蕉布は市場に出回っている数も少なく、希少価値のある織物なので、利用するお店選びにさえ失敗しなければ、高額査定を受けることは可能です。

店舗選びのコツとしては、リサイクルショップのように、着物に精通している査定員がいないお店を使うのではなく、着物を専門としている店舗を利用することです。

現在は、Webから申し込みをすれば、全国どこからでも商品を送るだけで着物を買取に出せる、着物の宅配買取店が人気を集めています。

宅配買取店なら近場に呉服店がない人でも簡単に着物を査定に出せるうえに、専門の鑑定士が値段をつけるので商品に見合った価値を付けて貰うことが可能です。

送料や梱包材が無料なのでお金をかけずに商品を送れるうえに、返送料が店舗負担のお店を使えば、査定額に納得がいかなかった際は無料で買取キャンセルをして返品してもらえるので安心です。

「とりあえず値段だけ知りたい」という方でも利用できるので、芭蕉布の買取を検討している方は着物の宅配買取店もチェックしてみましょう。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP