着物の反物やはぎれも買取に出せる?買取価格の相場はいくら?

反物や着物のはぎれを処分したい人に向けて、反物などの買取事情についてまとめました。
買取相場価格や、査定額を落とさずに手放すポイントなども紹介しているので、損せず売却したい方は是非一読してみてください。

着物の反物も買取で現金化することは可能!

そもそも反物とはどんな着物?

反物は、着物を仕立てる前の状態の布のことを指し、幅が約36センチ、長さは約12メートルのものを一反と言います。

近年では、日本人でも体の大きい人が増えているため、13メートルで一反の物が増えている他、男性用になると約37~44㎝となります。

この反物は、着物の状態になっていないので値段が付きにくいと思われがちですが、着物を扱っている買取店では着物同様に売却することが可能です。

そのため、反物の処分に困っているようなら、無理に仕立てたり、処分するのではなく、買取に出して現金化することをオススメします。

仕立て済みの着物より高く売れることも!

着物として完成していないため、反物だと値段が付かないと思っている方もいますが、そうとは限りません。

既に仕立て済みの着物は、サイズが大きい物でない限り、裁断して仕立て直すのは難しいですが、反物の状態なら着る人の体型に合わせてこれから自由に仕立てることが可能です。

さらに、反物は型崩れしておらず、綺麗な状態で保管されている物が多いため、査定での評価も高くなる傾向があります。

そういった理由もあって、実は着物買取店では反物が重宝されているのです。

使われている素材や生地の状態によっては、着物よりも高額査定になることがあるため、買取価格にも期待が持てるでしょう。

はぎれも買取に出せる?

はぎれとは、名前から分かるように着物の切れ端のことを指し、仕立ての際に余った部分などをはぎれと呼びます。

はぎれは使える用途が限られているので、捨てずにとって置いても結局使用する機会がなく放置されているケースがほとんどでしょう。

反物とまではかないものの、はぎれも買取では需要があるため、余らせているはぎれがあるなら一度は査定に出してみるのがオススメです。

はぎれを買い取ってきんちゃくやバッグ、髪飾りなど、和装小物の材料として再利用しているお店もあるため、はぎれの処分に困っているなら着物の買取店に売却すると良いでしょう。

ただし、どの買取店でもはぎれを扱っているとは限らないので、事前に買取店のHPなどを参考に買取対象商品についてチェックしておくと安心です。

反物の買取相場価格は?高値で売る方法はこれ!

反物はいくらで取引されている?

反物は素材や柄、状態によって価値が上下するので、明確な相場を提示するのは非常に難しいです。

しかし、傷みがなく綺麗な状態の反物や、正絹が使われている物なら2万円以上の値段が付くことも多い他、高価な物だと数十万~数百万で取引されています。

反物は着物と同等かそれ以上に価値を判断しにくい商品なので、正確な価値を知りたいなら一度査定に出してみるのが懸命です。

着物の買取店では、完全無料で査定を受け付けている所も多いため、値段が気になる反物があれば積極的にサービスを利用してみましょう。

査定に出す時は着物専門のお店へ

今は着物と一緒に反物やはぎれを買取対象として扱っているリサイクルショップも増えていますが、少しでも高値で売りたいなら利用はオススメできません。

リサイクルショップには着物に精通した査定士は在籍していないことがほとんどのため、商品に見合った価値を付けて貰えないケースの方が多いでしょう。

反物やはぎれを正当な値段で買取してもらいたいなら着物専門のお店を利用するのが一番です。

今は近場に呉服店や専門店がなくても、宅配買取サービスを使えば自宅から着物を送るだけで簡単に査定を受けることが可能です。

また、出張費無料で自宅まで査定に来てもらえる出張査定のサービスを提供しているお店もあるため、自宅から出ずに着物を買取してもらうこともできます。

着物買取おすすめ比較ランキングで紹介されているような、着物専門の宅配買取店を利用すれば、手間や費用をかけずにプロの査定が受けられるので、査定額にこだわりたい方は、リサイクルショップなどには持ち込まず、専門の買取店に査定を依頼するようにしましょう。

反物やはぎれを高値で売るポイント3つ

1.綺麗な反物ほど高値が付く

反物に高値が付きやすい理由の1つとして、仕立て前ということもあり型崩れもなく綺麗な状態であることが挙げられます。

逆に、反物の状態でも、カビやシミ、汚れや虫食いがあれば当然減額となってしまうため注意が必要です。

正絹の反物なら多少状態が悪くても買取してもらえる可能性が高いものの、木綿や化繊、ウールなどの素材だと買取不可になってしまう可能性もあります

売却する時のことも考えて、湿気対策や虫干しをしたり日頃から管理には注意を払うようにしましょう。

2.素材やブランドによってはプラス査定

着物にも価値が低い物と高い物があるように、反物も素材やブランド力によって価値が異なります。

特に、結城紬や大島紬、西陣織、博多織といった伝統工芸品は反物も高値で取引されるので高額査定のチャンスです。

正絹の反物は高値が付きやすい他、伝統工芸品や作家物は重宝されるため、思い当たる反物が箪笥に眠っている人はすぐに査定を受けることをオススメします。

また、反物の価値を証明するための証紙が付いている物は高額査定になりやすいので、証紙があるなら忘れずに反物と一緒に査定に出すようにしましょう。

3.不要なものならすぐ買取へ

反物は着物よりも価格が安定しているため、多少古いものでも良い値段が付くことも多いのが強みですが、どんな反物でも長期間保管しておくと劣化してしまうものです。

頻繁に着用しない着物でも劣化するように、ただ保管しておくだけでも生地は傷んでしまうものなので、綺麗に保管するためには定期的に虫干しをするなど、配慮が必要となります。

せっかく価値の高い生地を使っている反物でも、傷んだり黄ばんでいるものでは査定額も下がってしまうので、今後使用する予定がないことが分かっているならすぐにでも査定を受けるようにしましょう。

特に、高額査定になりやすい正絹の反物は性質上傷みやすいので、早めの査定を心掛けるのが懸命です。

↑PAGE TOP