着物を売るならどんなお店が良い?高く買取してくれる店舗を調査!

着用しなくなった着物をしまい込んで、タンスの肥やしにしている方は、整理がてら売るのがオトクです。
より高く売れる方法や買取店の選び方、売る時のコツなど、初心者必見の情報をまとめました。

なぜ買取店が良いの?他の売る方法と特徴を比較

リサイクルショップは、すぐ換金できるが値段は安い

不用品の売却先としてよく挙がるリサイクルショップは、住まいの近くに店舗があると親近感や安心感から利用しようと考える人も多くいます。

リサイクルショップは、大量でなければ予約も不要で、持ち込んだその場で支払いをしてもらえるため、今すぐに現金化したい人には便利です。

一方、お店への持ち込みの手間がかかるため、売る着物の点数が多い方や、小物などもまとめて売りたい方にとっては面倒さが感じられます。

しかも、リサイクルショップは着物の市場に精通している訳ではないため、着物そのものの価値を評価して値段をつけてもらうことはできません。

全体的な買取価格は、相場よりもかなり大幅に下回る事がほとんどで、高く売りたい方におすすめできる方法ではないでしょう。

ネットオークション・フリマアプリは、気軽に使えるけれどトラブルも多い

最近流行りのインターネットオークションやフリマアプリでも、着物を出品している方を見かけます。

個人が気軽に利用できるサービスで、自分で条件や売却価格を設定することができるため、希望通りに売れればかなり満足度は高いでしょう。

しかし、オークションやフリマで着物を買う人はより安い物を求めているため、高い価格で売れることはほとんどありません。

また、個人売買となるため商品(着物)や対応についてのトラブルも多く、慰謝料を請求するような悪質な購入者もいるのが現実です。

実際、警察や消費者センターも注意を呼び掛けたり、情報提供は行っていますが、それでも被害は後を絶ちません。

「高く売る」「安全に売る」どちらから考えてみても、ネットオークションやフリマアプリはあまり良い選択肢ではなさそうです。

少しでも高く安全に売るなら買取店がベスト!

買取店は古物営業法という法律に則り、許可を得て運営されている事業ですから、大きなトラブルが発生することはありません。

着物の査定を担当するスタッフは、着物の価値や査定について勉強しているプロですから、きちんと中古市場の状況を反映した値付けが行えます。

状態だけでなく人気の色柄、サイズ、希少性などを加味し、価値のあるものは高く売ることが可能です。

特に、出張買取の場合はその場で査定をしてもらいますので、疑問があってもすぐにその場で解消することができるのも魅力です。

好みで選ぼう!買取店で着物を売る方法

①お店へ持ち込む「店頭(店舗)買取」

駅前や繁華街でよく見かける買取店は、着物を直接持ち込むことで査定を受けられます。

成約となればその場で支払いされるため、リサイクルショップと利用方法はほぼ同じですが、違いは査定士に着物の知識・目利き力があるという点です。

きちんと着物の価値を判断して買取ってもらえるので、不当な買い叩きの心配はありません。

ただし、店頭買取はお店を構え、維持するために多くの経費がかかっており、他の買取方法に比べると査定額が安くなります。

少しでも高く売りたい方というよりは、適正な査定とスピーディーな現金化を求める人に向いている方法と言えるでしょう。

また、査定の待ち時間が発生するため、お店への往復も考えると、半日~1日がかりになるのもデメリットです。

②宅配便で輸送する「宅配買取」

宅配買取は、着物をダンボールに詰めて買取店へ発送するだけで、プロの査定が受けられる方法です。

自宅で準備が完了するので、時間があまり取れない方にも使いやすいサービスで、特に働き盛りの世帯や子育て中の方、中高年層に人気があります。

買取店の査定士やスタッフに会う必要がなく、頼みごとを断れないタイプの方が気軽に利用できる点も魅力です。

しかも、宅配買取は店頭買取の様に拠点をいくつも持つ必要がなく、利益が出やすい形態であることから、買取価格も高くなりやすいと言われています。

見えないところでの査定に不安がある方には不向きですが、それ以外の方にとってはメリットが大きいでしょう。

ただし、査定後にキャンセルして着物を返送してもらう場合、返送分の送料がお客様負担となる買取店もありますので、サービスはよく確認することが大切です。

③自宅に訪問する「出張買取」

とにかく手間なく売りたい方に人気なのは、査定士が自宅を訪問してくれる出張買取です。

お店へ持ち込む必要もなければ、梱包の手間もかからず、売る着物を出してさえおけば良いというのが大きなメリットです。

そのため、多忙で時間が取れない方、高齢の方でも使いやすく、幅広い世代に人気があります。

対面しての査定になるため、分からない点や査定額の交渉もしやすく、安心感と価格のバランスに優れていると言えるでしょう。

もし提示額に納得できなくても、多くの買取店では無料でキャンセルすることが可能です。

ただし、自宅に見知らぬ人をあげるのが心配な方、積極的な交渉が苦手な方にとっては、少々リスクが高い方法でもありますので、お住まいの環境や正確に合わせて活用すると良い方法です。

口コミでも好評!今人気の着物買取店BEST5

対応・価格どちらも好評!バイセル

バイセル

テレビCMも放送される有名買取店「バイセル」は、北海道から沖縄まで全国を対象にした出張買取と、宅配買取を行っています。

国内だけでなく海外にも販路を持っているため、買取価格が高くなりやすいと評判です。

査定士は常に勉強会に参加し、スタッフによるレベルのバラつきがないよう、スキルを磨き続けているのも満足度が高い秘訣です。

着物から和装小物まで何でも売る事が出来るうえ、古いデザインや状態の悪いもの、証紙紛失なども対応でき、顧客満足度No.1にも輝いています。

バイセルの公式サイト

接客力の高さが魅力!福ちゃん

福ちゃん

バイセルと同じくらい有名な着物の買取店である「福ちゃん」は、接客の丁寧さが特に好評のお店です。

査定士にはマナー研修を実施し、初めての方に安心して利用してもらえるよう、常に対応力を向上させています。

宅配買取も出張買取も行っていますが、どちらでも信頼してお任せできるのが嬉しいポイントです。

買取価格も高めになることが多く、高く売る事を考えても利用して損はないでしょう。

福ちゃんの公式サイト

女性に特におすすめ!買取プレミアム

買取プレミアム

顧客満足に力を入れる「買取プレミアム」は、業界初の出張買取店として、長きに渡って着物買取に携わっています。

女性限定のサービスですが、着物買取店の中で唯一、女性査定士の指名を行うことが可能です。

また、成約後のアフターフォローも充実しており、1件ずつサービス品質や不満の有無を確認して、より良いサービスの提供に努めています。

買取プレミアムの公式サイト

実績多数の宅配買取専門店!ヤマトク

ヤマトク

創業28年という長い歴史を持つ「ヤマトク」は、宅配買取だけを行う着物専門の買取店です。

1年間で17,000件以上の着物を査定し、査定眼に優れているため、正しい価値を見極めて値付けをしてもらえます。

取り扱いのできない着物はありませんが、基本的には「仕立てて比較的新しいもの(10年以内)」「伝統工芸品などの高級品」を得意としています。

ヤマトクの公式サイト

スピーディーな対応が嬉しい!久屋

久屋

着物の宅配買取を専門に行う「久屋」は、対応力の高さがウリのお店で、2~3営業日で査定結果をもらえます。

しかも、午後2時までに申し込みをすれば、主要都市なら翌日に宅配キットをお届け可能で、無駄な待ち時間もありません。

買取価格はあまり期待できませんが、宅配でありながらスピーディーに換金できるのは、急ぎの方にも嬉しいでしょう。

久屋の公式サイト

「高価買取」と「便利」を叶える着物買取店の上手な選び方

送料や手数料などの無駄な支出が少ない

宅配買取の送料や出張買取の出張料、振込手数料、キャンセル・返送料といった費用は、買取店によって要否や金額、条件が異なります。

少しでもお得な買取にするためには、余計な支出はできるだけ省いた方が良いですから、完全無料のサービスがベストです。

買取店を選ぶ時は、どのような利用料がかかるのかしっかり把握、比較するようにしましょう。

取り扱っている着物・和装小物が多い

着物買取店によっては、一部の種類の着物が売れなかったり、和装小物の買取に制限がある事もあります。

振袖や訪問着といった主要な着物は、どの買取店でも利用できますが、袴、紋付、子供用、浴衣などは売れないお店もあるので注意しましょう。

また、正絹以外のウール・化繊で作られた着物、襦袢や道中着、着付け小物、バッグなどの装飾品は、取り扱い可能か事前に調べた方が安心です。

準備・手続きの手間がかからない

労力や時間もお金と同じくらい大切なものですから、買取店の利用時はできるだけ手間がかからないお店を選びましょう。

申し込みに手間がかかったり、準備が煩雑なお店ではなく、スムーズに手続きができ、準備も過度に労力がかからない所が魅力的です。

ほとんどのお店は、公式サイトに利用の流れや注意点が掲載されていますので、使いやすいお店なのかチェックすると比較しやすいでしょう。

【出張買取】自分の住まいが対象エリアに入っている

出張買取は自宅に査定士が訪問する方法ですから、住まいの地域が対応範囲に含まれていないと、その買取店を利用することはできません。

主要都市でない場所にお住まいの方、北海道・沖縄・離島にお住まいの方は、特に注意が必要です。

「日本全国対応」と書かれていても、実は一部地域しか出張していないというお店もありますし、通常は対象エリアでも売りたい量や時期によって利用できない場合もあります。

査定してもらいたい買取店が決まったら、申し込み時に問い合わせをしてみるのが一番確実に分かります。

【宅配買取】梱包資材を無料でもらえる

段ボールに詰めるだけという手軽さが宅配買取の魅力ですが、梱包資材を無料で提供してくれるお店だとより便利に利用できます。

特に、着物のような横長の品物場合、一般的なダンボールでは折って入れなければならず、折りジワが生じて査定時にあまり良い印象になりません。

着物の買取店で提供するものは、着物がそのまま梱包できるサイズですから、より綺麗な状態を保って査定を受けることができます。

着物買取の流れ&注意点を解説!

①申し込み

着物買取店をよく比較し、利用したいお店を決めたら、公式サイトから申し込みをしましょう。

特に難しい入力項目などはありませんので、基本的な個人情報を入力するだけでほとんど完了です。

宅配買取を利用する方で、梱包資材の提供を希望する場合は、サイズと枚数をこの時に指定します。

出張買取の場合は訪問日時を決める必要がありますので、申し込み時に希望を入力するか、申し込み後に電話・メールでお店と調整しましょう。

②査定の準備

出張買取は自宅で査定が受けられますので、特にこれといった準備はなく、前日~当日に売りたい着物や小物を出しておくだけで構いません。

宅配買取を利用する方は輸送が必要になりますので、売りたい「着物」「和装小物」「身分証明書のコピー」「申込書」をダンボールに梱包しましょう。

この際、ダンボールに直接入れてしまうと雨などで水濡れするリスクがありますので、できればゴミ袋などで構いませんから、ビニールで包んでから入れると安心です。

また、輸送中の揺れや衝撃で、ダンボール内の着物・小物が崩れてしまわないよう、隙間には新聞紙などを詰めておくと安全に届けられます。

③査定を受ける

宅配買取では、荷物が到着次第査定をしてくれますので、発送後は査定結果の連絡を待つだけです。

出張買取は約束の日時にスタッフが訪問しますので、身分証明書の確認後、出しておいた着物を順番に査定してくれます。

現在の中古着物市場や人気、査定のポイントといった知識や、売りたい着物の査定評価なども教えてくれますので、せっかくの機会ですから色んな話を聞いてみると参考になりますよ。

④金額の確認・入金

全ての着物の査定が終わると、出張買取はその場で、宅配買取はメールや電話で、買取金額を提示してもらえます。

この値段を確認し、「売る(成約)」「売らない(キャンセル)」の返答を出します。

成約した場合は買取額が支払われますが、宅配買取は指定口座への振り込みとなりますので、金額に間違いないか必ずチェックしてください。

出張買取だけはクーリングオフ制度の対象となりますので、万一成約後にキャンセルしたい場合も、1週間以内に連絡をすれば契約の解除が可能です。

宅配買取でキャンセルする場合、送った着物が返送されるのですが、着払いの買取店が多いので受け取り時に支払いが必要になります。

着物を高く売るために心がけたいポイントは?

ベストシーズンの少し前に売る

着物の買取価格は様々な要素で判断・決定されますが、特に「市場で需要があるか」が大きなポイントになります。

洋服と違い、流行による価値の変動があまりない着物は、色や柄よりも中古品購入者の多少が価格に影響するのです。

たとえば、入学式・卒業式では訪問着や袴がよく売れますし、成人式シーズンなら振袖、結婚式シーズンなら黒留袖の需要が高まります。

つまり、買取店としてはこのタイミングで在庫を多く確保しておきたいものですから、時期の少し前になると査定額がやや寛容になりやすくなってくるのです。

売りたい着物の種類に合わせて、需要が増える少し前に着物買取を利用すると、通常より少し色を付けてもらえる可能性があります。

「たとう紙」「証紙」「落款」は必ずつける

着物や帯を包んでいるたとう紙は、着物のケースやショッピングバッグのようなものです。

通常はホコリ除けの意味で包んで収納するものですが、買取においてはこのたとう紙にも価値がつきます。

ブランドバッグを売る時に、専用の外箱があると高く売れるのと同じで、たとう紙が値段の上下に影響しますから、一緒に査定に出しましょう。

また、着物の価値を証明する証紙や落款も、あるのとないのとでは価格差がかなり開いてしまうため、残っている方は必ず査定時に添付してください。

1点でもまとめて買取してもらう

出張買取にしても、宅配買取にしても、お店側は利用者の負担を減らすため、無料でサービスを提供している事がほとんどです。

多少なりともお店にコストがかかっている事から、利益の大きいお客さんの方が当然歓迎されます。

つまり、1~2着しか売ってくれない人よりは、10着売ってくれたり、小物も併せてくれるお客さんの方がお店にとっては有難く、買取価格を少し上げてもらえる事があるのです。

着物買取では、羽織や着付け小物、バッグ、草履なども一緒に売る事ができるため、不要なものがあればできるだけまとめて売るようにしましょう。

査定士に対して嘘をつかない

出張買取では、スタッフと様々な会話をしながら査定を進めていきますが、その中では売る品について質問される事もあります。

その際、ネットで購入したのに「呉服店で買ったもので」と言ったり、何度か来ているのに「1度しか袖を通してないんです」など、少しでも高く売ろうと嘘をついてしまう方がいるものです。

気持ちは分からなくもないですが、相手は査定のプロですから、残念ながら嘘はほぼ通りません。

しかも最近は、着物の情報を本社とその場で共有して査定するシステムも多く、より正確な情報がその場でわかります。

もし嘘をついている事が判明すると、他にも隠し事をしている危険性があると判断され、成約後のトラブルを防ぐために買取価格を抑え気味になってしまうのです。

高く売りたいからこそ、正直に、誠実な対応をするよう顧客側も心がけましょう。

どんな着物は高く買取ってもらえるの?

ニオイや汚れなどがなく、状態が良いもの

買取店で仕入れた着物は、中古品として販売したり、レンタル業者へ卸すことが多く、着物として再度活用されます。

そのため、新品に近い状態の着物はかなり高く評価され、逆に汚れやシミ、黄ばみなどが目立ったり、強いニオイやカビが付着しているものは、買い手がつきにくいため査定額も控えめになるのです。

状態のキレイな着物の方が高く売れますが、正絹はかなり劣化が進みやすい素材ですので、できるだけ早めに売った方が良いでしょう。

修理やメンテナンスの手間がかからないもの

着物の縫製がほつれている、虫食いなどで穴があいている、退色しているなどのトラブルがあると、仕入れた後に修理やメンテナンスが必要になります。

この手間がかかることで当然お店の支出も増えるため、状態によっては買取価格がかなり安くなることもあるのです。

ただし、買取の前に自分で修理に出してしまうと、想像以上に費用が高くついてしまう事もありますので、安くなってもそのまま売った方が得策です。

価値が高い着物

伝統工芸品や作家物の着物は、価値が非常に高いので、古い作品でも全体的に買取価格が高くなります。

また、百貨店で購入した高品質な着物や、大量生産ではない着物も、評価が高くなりやすく値段に期待が持てます。

基本的には正絹の着物が高く売れやすいですが、麻や綿の着物でも高級品があり、高く売れる着物が存在しますので、正絹でないから安いとは一概には言えません。

普通~大きめサイズの着物

買取店は、買い手がつきやすい着物を仕入れたい事を考えると、多くの人に対応できるサイズの着物は、評価されやすくなります。

標準体型の着物に仕立ててあると、そのまま売る事が出来るため、買取店では特に喜んで買取ってもらう事が可能です。

また、標準よりも大きなサイズであれば、仕立て直して小さくすることも可能なので、良い評価を受けやすいでしょう。

一方、標準よりも小さな仕立ての着物は、着用できるサイズの人が限定されてしまうため、やや安めの値段になります。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP