京小紋の着物を買取!価格の相場や高く売れるお店は?

伝統工芸品でもある京都の“京小紋”の買取価格を紹介します。
高価買取を狙うために気をつけたいポイントや、おすすめの買取方法についてもまとめてあるので是非チェックしてみてください。

京小紋は型染と友禅の融合

京小紋の歴史

京都では、古くから型染めの技法を使っての着物制作が主流でした。

京小紋の基本となる型紙が作成されたのはおよそ1200年前で、型染と京友禅の華やかな柄を融合させたものが今では京小紋と呼ばれるようになっています。

室町時代以降には、京都の堀川を中心に染色職人の集う職人町ができ、多種多様な絹織物が生産されると同時に、京小紋も発展していきました。

あの有名な戦国武将、徳川家康や上杉謙信も京小紋を身に着けたと言われています。

江戸時代になって、武士の正装として小紋を染めた袴が定着し始めると、庶民の間でもお洒落として小紋を身に着けることが流行しました。

現在では、モダンなデザインの商品も多く、着物はもちろん、バッグや小物、洋服にも用いられている人気の製法です。

京小紋の持つ特徴

京小紋は京都府の伝統工芸品であり、使用する技法にいくつかの指定があります。

まず、原材料は絹であることが条件なので、京小紋は絹織物となっています。

また、地染めをする際に使われるのは引き染め、または京都の染色技法“しごき”とされています。

引き初めは染料を刷毛につけて塗り、しごきは色糊を駒ベラで塗る、といったように染色方法が異なりますが、どちらを使った作品でも京小紋となっています。

しごきは、生地の裏と表の色柄を異なるものにすることで、他の染色技法よりもハッキリと発色し、柄を綺麗に染め上げられます。

色糊は、出来合いの物を購入するのではなく、友禅糊と染料を混ぜ合わせたものを使い、作品に適した色になるように職人が調合を行います。

他の小紋と京小紋の違う点

京小紋の柄の種類

京小紋は絵画的な柄が用いられ、色鮮やかな作風となっています。

着物の柄ではよく使われる花柄ですが、京小紋の花柄は、華やかさを持ちつつも落ち着いた、はんなりとした物が多いです。

大きく花が描かれている物もあれば、細かい花が散りばめられた作品もあり、京小紋の柄は多種多様です。

他の小紋がシンプルな柄や単色な物が多いのに比べて、京小紋が華やかなのは、同じ京都で発展した京友禅と組み合わせられることが多いのが理由です。

昔ながらの絵柄の京小紋も人気は高いですが、今では、水玉やタータンチェックといった、モダンなデザインの物も人気が上昇しています。

様々な柄が楽しめるのも、現代でも京小紋が人気の理由の1つと言えるでしょう。

京小紋と江戸小紋の特徴の違い

京小紋も江戸小紋も、同じ小紋にあたるため、区別をするのがややこしいと感じる方もいるでしょう。

しかし、京小紋と江戸小紋では見た目が異なるため、区別はそれほど難しくありません。

江戸小紋は、ほとんどの作品が1つの色のみを使った単彩で、色にかなりのこだわりを持っています。

色相の微妙な違いを楽しむ作品でもあり、同じ茶色でも48種類もの茶色があるそうです。

そんな単色を楽しむ作品が江戸小紋であることに対し、京小紋は多色染めが用いられており、華やかな印象の作品が多いです。

抽象柄よりも具象柄が多く、花柄などが多様され、江戸小紋より派手な仕上がりです。

京友禅のような華やかさを持った京小紋も、シンプルに単色のみで仕上げられた江戸小紋も、どちらも違った魅力を備えています。

京小紋を買取に出すならチェック!

京小紋の買取価格の相場

買取価格は、小紋の状態や、元値、作家などによって上下するため、ハッキリと断定することはできませんが、1~2万円程で買取されることが多いです。

買取に出す際は、着物の価値を証明する、証紙も商品と一緒に査定に出すようにしましょう。

証紙があるのとないのでは、かなり査定額に差が出てしまうため、高価買取を狙うなら証紙は欠かせないアイテムです。

小紋に限ったことではありませんが、着物はコンディションが良いものほど査定額が上がります。

着ていなくても、時間が経つ程に着物は劣化してしまうので、不要なことが分かっている着物なら、なるべく早い段階で買取に出すのがおすすめです。

高価買取が狙えるおすすめ買取方法

京小紋は伝統工芸品に指定されているため、価値の分かる査定員がいる所で買取に出せば、高価買取が期待できます。

リサイクルショップのように着物を専門としていないお店で出すと低額査定を受けてしまう可能性があるので注意です。

また、オークションも相場価格を下回る金額で取引されている物が多く、損をしてしまう可能性があります。

しっかりと査定を受けて、京小紋にふさわしい額を付けて貰いたいなら、着物の宅配買取店を利用するのがおすすめです。

着物専門の査定員が査定をするので、見合わない安値を付けられる心配がないうえに、全国どこからでも商品を査定に出せるので、近場に買取店が無い方も簡単に利用できます。

査定料や、送料が無料のため、余計な出費をすることなく着物を売れる他、万が一査定額に不満があれば商品を返品して貰うことも可能です。

どうやって京小紋を売ろうか検討中の方は、宅配買取サービスの情報もチェックしてみましょう。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP