京繍を買取に出した時の買取価格の相場を公開!高く売れる店舗はどこ?

鮮やかな刺繍が特徴的な京都の織物・京繍(きょうぬい)。
京繍の持つ特徴や歴史の解説に加えて、買取店に売った場合の相場価格や、高値で売るコツも紹介しているので、京繍を売りたい方は一通り目を通してみてください。

京都の伝統工芸品「京繍」とは

「京繍」は京都特有の刺繍方法

着物や帯には、綺麗な刺繍が施されている物が多いです。

その刺繍の中には、京都独特の刺繍もあり、「京繍(きょうぬい)」という名称で親しまれています。

1976年には、通商産業大臣によって伝統工芸品にも指定され、主に京都市・宇治市で製作されています。

京繍は着物、帯に限らず、緞帳や草履、ネクタイ、巾着、カードケース、ショールなど、様々なアイテムに施されるようになりました。

京繍が使われたグッズは土産品としても人気がある他、京都には京繍体験ができる工房があり、観光スポットとなっているなど、現在でも多くの人から京繍は愛され続けています。

平安時代から続く京繍の歴史

日本刺繍の起源は非常に古く、1400年前の飛鳥時代には既に存在していたと言われています。

当時は衣服などには使われず、刺繍は主に仏画などに施され、儀礼的な物として貴重な扱いを受けていました。

平安時代に入ると、都の貴族の衣装には華やかな刺繍が施されるようになり、織物や染色など、着物に関係する織部司(おりべのつかさ)という部署が宮中に生まれました。

この部署ができたことにより、都のある京都では刺繍の技術は飛躍的に進歩し、京繍が誕生したと言われています。

伝統芸能の能に使われる衣装や、十二単に京繍は使われ、安土・桃山時代には貴族だけに留まらず、武士の奥方の小袖にも京繍が見られるようになります。

刺繍文化の全盛期と言える江戸時代にも京繍は流行し、現在でもその人気は衰えていません。

京繍の特徴は鮮やかさと繊細さ

江戸縫いが武士層の装束や相撲のまわしに用いられることが多かった一方で、京繍は着物や帯などを華やかにするために施されることが主な用途でした。

京繍は、絹糸や金糸、銀糸を用いて30通りもの技法を使うため、完成までに非常に時間と労力が必要になります。

2,000色以上の色糸が存在しており、着物の刺繍ではおよそ20~30色を使用することが多いとされ、色彩豊かな作品が多く生み出されています。

また、刺繍されるモチーフが写実的で、優雅かつ繊細であるのも京繍の大きな特徴です。

鳥の羽の質感や、リアルに描写された花弁、モチーフの陰影など、細かな点まで深く表現されています。

一方で、デフォルメされた梅や扇がモチーフの作品も多く、縫い手によって多種多様な作品が生まれるのも京繍の魅力の1つと言えるでしょう。

京繍の刺繍体験や購入は可能?

京繍の体験工房や教室も人気

京都には、京繍の1日体験ができる工房もあり、家族連れから友人同士、修学旅行生など様々な客層でにぎわっています。

袱紗や帯留めの他にも、タンブラーといった普段使いできそうなアイテムにも刺繍を施せるので、京都の刺繍体験は若い世代からも人気を集めています。

費用も5,000~6,000円と、手頃な値段のため、刺繍に興味があって京都に足を運ぶ予定がある方は、思い出作りに京繍体験をしてみるのも良いでしょう。

また、京都に限らず、東京や神戸にも、京繍の1日体験ができたり、作品を作れる教室があります。

京繍をもっと身近に感じてもらおうと、関東で京繍を広める活動をしている人もいるため、「京都まで足を運ぶのは大変だけど、京繍に触れてみたい!」という方は東京付近で体験できる場所を探して見るのも一つの手です。

京繍の着物はいくらで購入できる?

反物の状態なのか、仕立て済みなのかによっても価格は異なりますが、京繍は高級な作家物なら300万~400万円するものが多く、非常に高値であることが分かります。

仕立て済みの安い着物でも30万円前後、帯なら15万円前後のものがほとんどで、価格は全体的に高いです。

特に刺繍の多い着物となると、完成までに手間と時間がかかるため、値段も製作時間に比例して高値になってしまいます。

巾着やショルダーバッグでも3万~9万円程、パスケースでも8,000円以上するので、着物問わずに京繍が用いられているものは高級品と言えます。

その分買取に出した際も、京繍が用いられたものは高値が付くことが多いので、買取価格にも期待が持てるブランドの1つと考えて良いでしょう。

京繍を買取に出す時のポイント

京繍は買取価格の相場が高い

京繍はそもそも売値が高いこともあって、買取価格は着物、帯、小物問わずに高めです。

そのため、着物では安くても3~8万円程の価格が期待できる他、有名な作家の物や元値が100万円を超える物ならさらなる高額査定が望めます。

商品を査定に出す際は、伝統工芸品の京繍であることを証明するためにも、証紙は必要不可欠です。

証紙があるのと無いのでは査定額が大きく変わってしまうため、持っている方は忘れずに着物と一緒に査定に出すようにしましょう。

また、着物は生地の劣化の関係もあって、できるだけ早めに査定に出すのが高価買取のポイントです。

不要なことが分かっている着物なら、値段が下がり始める前に買取に出すようにしましょう。

京繍が高く売れるのは着物の宅配買取店

京繍が施された織物は、貴重なため、売るお店さえ間違えなければ十分に高額査定が期待できます。

ネットオークションだと相場の価格より下の値段でしか売れない他、リサイクルショップでは着物に精通した査定士がおらず、正当な査定額をつけてもらえない可能性が高いため、損をしてしまうことが多いです。

そのため、着物を売る場合は、着物を専門とする買取店を利用するのがおすすめです。

現在は、近所に呉服店がない方でも簡単に利用できる、Webから申し込みをして着物を送るだけで査定が無料で受けられる、着物の宅配買取サービスが注目を集めています。

全国どこからでも着物が送れるうえに、着物専門の査定士が値段を付けるため、商品にしっかり見合った価格が付くのも特徴です。

宅配買取は、送料・梱包材が無料なので、お金をかけることなく着物を買取に出せます。

また、返送料が店舗負担のお店を使えば、査定額を確認してから無料で商品を返品してもらうことも可能なため、利用者が損をすることもありません。

「実際に売るかは別として、値段だけ知りたい」という方でも利用OKなので、気になる方は宅配買取の情報をチェックしてみましょう。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP