西陣織の買取価格を調査!相場やおすすめ買取店も紹介

京都の有名な絹織物・西陣織はいくらで売れるのか、買取価格の相場を調べました。
高額査定を狙う方法や、利用すべき買取店もまとめたので、西陣織の買取を考えている方はぜひ参考にしてください。

京都の地名にちなんだ絹織物・西陣織

西陣織は国内外で評価されている

西陣織は、京都の先染め織物の総称で、「西陣」は応仁の乱の西軍が本陣を置いていたことにちなんだ京都の地名を指します。

西陣において作られた高級絹織物をまとめて、西陣織と呼ぶため、特定の作品を意味するわけではありません。

様々な絹織物を生産している西陣は、フランスのリヨンやイタリアミラノと並ぶ高級絹織物産地として知られており、西陣織も世界的に有名な織物となっています。

西陣のように1,000年以上にわたって織物を生産し、紋織技術を先導している産地は、日本ではもちろん、世界でもそれほど数は多く無いでしょう。

そのため西陣織そのものはもちろん、産地である西陣も世界から高い評価を受けています。

西陣織の名前の由来

西陣織の歴史は古く、渡来人によって現在の京都へ養蚕や織物の技術が伝わった所から始まります。

平安時代には高級絹織物を作る職業が普及し、現在の上京区には織物の職人が集まる町「織部町」が作られる程、絹織物の生産は盛んになりました。

室町時代になり応仁の乱が起こると、京都にいた職人たちは各地へ離散しましたが、乱が終わったあとには再び帰還し、京織物を再興させていきます。

その再興の地が、西軍が陣を張っていた場所“西陣”だったため、そこで作られた織物は西陣織という名称で呼ばれるようになりました。

現在の京都でも西陣織は親しまれ、体験工房や歴史館などが多数設けられています。

西陣織の特徴は光沢と鮮やかな模様

経糸と緯糸が直角に交差することによって絹の光沢が映え、艶やかな仕上がりになるのが西陣織の特徴の1つです。

西陣織には3種もの織り方があり、織物の種類によって使い分けられています。

最も歴史のある方法は、綴機(つづればた)と呼ばれるもので、全ての工程を手作業で行う、大変労力と時間のかかる織り方です。

複雑な模様を織る場合、1日織っても数センチしか進まないことがある程、手がかかると言われています。

他にも、生産性を重視して自動織り機によって作る力織機(りきしょっき)や、ジャガードを使用して職人が織る手機(てばた)などの方法も用いられています。

こうして様々な色の糸を使用し、時間をかけて織られた、格調高く鮮やかな模様は西陣織の最大の魅力と言えるでしょう。

西陣織の体験や購入はできる?

織物体験は京都でも人気が高い

京都には、機織り体験ができる工房が複数あり、中には西陣織を織れるプランを提供している所もあります。

体験プランを楽しむ人は、修学旅行生や友人同士、恋人、外国人観光客など様々です。

ランプシェードを西陣織で作ったり、オリジナルのコースターやアクセサリー、小物入れを絹糸で作るなど、工房によって色々なプランがあるので、京都に足を運んだ際は思い出作りに体験してみるのもおすすめです。

作品を作る際は、職人の方がしっかりとフォローしてくれるので、もちろん機織り体験が初めてという方でも問題ありません。

職人が実際に使っている機織り機を使用することもできるので、旅の良い思い出と共に貴重な体験にもなるでしょう。

西陣織は着物も帯も高額

西陣織の着物は希少価値が高く、安い物でも50万円前後、高いものだと数百万~数千万円と、非常に値段の幅が広いです。

基本的に西陣織は着物ではなく、帯の商品が主とされ、高価な物は帯でも数百万円で取引されています。

作家や織り方によって値段は変化し、相場価格は50万円程となってはいるものの、安いものなら10万円程で購入することも可能です。

着物・帯問わず、西陣織のブランドを持っている商品は全体的に価格が高い高級絹織物となっています。

中古の商品でも重宝されるため、買取に出した際に、高額査定が狙いやすい着物のブランドであることは間違いありません。

西陣織を買取に出す前に知りたいポイント

西陣織の買取価格の相場は?

同じ西陣織でも、作品によってクオリティや価値が異なるため、西陣織ならいくらの査定額が付く、と断言するのは非常に難しいです。

しかし、帯のみを売った場合でも、買取価格の相場は2万円程とされているうえに、高価な物や状態がいい帯なら中古でも数百万円の値段が付くと言われています。

自分の持っている西陣織の、正確な価値を知りたい場合は、着物の無料査定を利用して、一度査定を受けてみることをおすすめします。

査定を受ける際には、商品が西陣織であることを証明する証紙を忘れないようにしましょう。

証紙の有無は織物の査定額に大きく影響するため、持っている方は必ず商品と一緒に買取に出すようにしてください。

また、織物は生地が劣化する前に査定に出すのが高価買取のコツなので、不要なことが分かっている商品は、できるだけ早く買取に出すように心掛けましょう。

西陣織を高く売るなら宅配買取がおすすめ

西陣織は、絹織物の中でもとても人気の高い作品のため、利用するお店をしっかり選べば十分に高価買取が期待できます。

リサイクルショップのように、着物に詳しい査定士がいないお店では、西陣織の持つ価値に見合った値段はつけてもらえません。

また、ネットオークションも、残念ながら相場価格より下の値段で取引されてしまうことがほとんどです。

高級な織物を売る際におすすめの買取方法は、ネットを窓口としている着物の宅配買取店の利用です。

全国どこからでも、着物を送れば無料で査定が受けられるので、近場に呉服店などがない方でも手軽に利用できます

さらに、着物を専門とする査定士が商品をみるため、価値に見合った価格を付けてもらえるのも大きなメリットです。

査定額を確認して、売るのをやめたいと思った場合でも、返送料が店舗負担のお店を利用すればキャンセル時も無料で商品を返送してもらえるので、初心者の方でも安心して着物を買取に出せます。

余計なお金をかけずに着物や帯の価値を知ることができるので、西陣織を売る予定の方は、宅配買取の利用も検討してみましょう。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP