近江上布の着物の買取価格を紹介!相場は高め!

伝統工芸品である近江上布の買取価格の相場はいくらになるのか調査しました。
また、査定額を上げるコツや近江上布が高値で売れる店舗も紹介しているので、近江上布を売る予定の方は一読してみてください。

伝統工芸品にも指定されている“近江上布”

近江上布の歴史

近江上布は滋賀県の愛知郡周辺で作られている麻織物で、伝統工芸品にもなっています。

鎌倉時代から発展した麻織物の1つで、京都から移り住んだ職人たちによって伝えられた技法によって作られ始めました。

やがて麻織物は、近江商人によって全国に知られるようになり、当時琵琶湖東岸を支配していた彦根藩の庇護のもと発展し、加えて、近江商人が持ち帰った東北地方の苧麻も近江上布へ大きな影響を与えました。

その頃から染めの技術も発展し始め、1700年代の後半からは、板締(いたじめ)や櫛押捺染(くしおしなつせん)といった技法が生まれました。

明治末期には紡績苧麻糸苧麻糸が導入された他、昭和初期に型紙捺染の技法が開発され、現在でもその技術は受け継がれています。

近江上布の特徴とは

近江上布には、絣(かすり)と生平(きびら)の2つの生産技法があります。

絣には、染料を櫛型の木に付けることで糸を捺染する“櫛押捺染”と、羽根巻きによって染める“型紙捺染”の技法が用いられており、爽やかな絣模様は、近江上布の特徴の1つとも言えるでしょう。

生平は、手で紡いだ糸を使った生地のことを指しますが、非常に手間がかかるため、現在では機械によって紡がれることが多くなっています。

機会を使わずに手で織られた近江上布は完成までに労力がかかることもあり、麻織物の中でも最高級品として扱われ、伝統的工芸品にも指定されています。

また、使われた繊維は糸が伸び縮みせず、放熱性や吸湿性に優れているため、近江上布は夏の着物としても親しまれています。

近江上布と大麻

現在の近江上布は、苧麻を原料としているものがほとんどですが、明治頃までの原料は主に大麻でした。

大麻の繊維は耐水性に優れ、弓矢の弦などに使えるほどに強靭だったため、当時も使い勝手の良い原料として重宝されていました。

大麻の栽培が盛んだった琵琶湖周辺は、湿潤な気候と湧き水によって、良質な大麻が育ちやすい環境であり、そこで採られた大麻を使った麻布“高宮布”は、彦根藩の献上品にもなっていました。

しかし、京都から移住した職人たちが持ち込んだ苧麻は絹のような光沢を持っており、大麻と同様かそれ以上に評価され、近江上布を作るうえでの主な原料となりました。

現在では、縦糸に苧麻を、緯糸に大麻を使用しているものもあれば、苧麻のみ、麻のみのように使い分けをして織られている物など、様々な作品があります。

現代の近江上布

着物の販売価格はどのくらい?

近江上布も他の上布や紬同様、仕立てサイズやデザインによって価格が異なり、数万円で購入できるものもあれば、数十万円以上する高級な物もあります。

また、手織りではなく、機械で織られた物は、伝統的工芸品としての近江上布にはあたらないため、価格は安くなります。

機会で織られた作品なら、4~7万円程で購入できる着物もありますが、本当の伝統工芸品の近江上布は、機械で大量生産できる物ではないため、市場に出回っている数も少なく通販などでもお目にかかる機会はそれほどありません。

販売している呉服店などにもよりますが、本場の近江上布なら10~50万円はすると考えて良いでしょう。

本物は手織りで時間をかけて仕上げられており、非常に希少価値が高いため、機械で生産されたものより高額になってしまうのは仕方がないことと言えます。

近江上布はハンカチや小物も人気

近江上布は着物に限らず、ハンカチやTシャツ、小物、ブランケットなど、様々なアイテムに用いられています。

色鮮やかにグラデーションやボーダーに染められた近江上布は、見た目もお洒落な現代風で、特にハンカチやクッションなどのアイテムは幅広い年齢の方から人気を得ています。

また、近江上布の特徴でもある放熱性や吸湿性を生かして、夏に使っても蒸れにくい掛け布団やピローケースなども販売されています。

夏に使用するのにピッタリな機能性と、清涼感のある絣模様が相まって、近江上布は夏のインテリアグッズに取り入れられることも多いです。

鎌倉時代に生まれた近江上布ですが、形を変えて現代でも愛され続けていることがよく分かります。

近江上布を買取に出すといくらで売れる?

買取価格の相場は比較的高め

近江上布を買取に出した場合、商品の元値にもよりますが、およそ5万~10万円程で買取されるのが相場と言われています。

高額になる理由は、大量生産することが難しいこともあって、そもそも市場に出回っている数が圧倒的に少ないからでしょう。

上布の中でも人気が高いため、状態が良い物なら十分に高価買取が期待できます。

また、近江上布を売る際は、伝統工芸品であることを証明するためにも証紙が必須アイテムとなります。

証紙がないと、それだけで査定額がマイナスされてしまう可能性もあるため、必ず証紙も商品と一緒に査定に出すようにしてください。

更に、長い期間保管しておくと、だんだんと着物は劣化してしまうため、もう着る機会がないことが分かっている物があれば、早めに査定に出すことで高額査定を受けやすくなるのでおすすめです。

着物の専門店を使うことで高額査定に

近江上布を高く売る為には、商品を証紙と一緒に査定に出したり、できるだけ早く査定に出すなどの方法がありますが、利用する買取店も査定額に大きく影響します。

たとえ売る予定の着物が査定額10万円の価値を持っていたとしても、リサイクルショップに持ち込み、着物の知識がない人に査定されると、半額以下の値段を付けられてしまう可能性があります。

損をしない為にも、着物を専門としている買取店を利用するのがポイントになります。

着物の宅配買取店なら、全国どこからでも無料で着物を査定に出せるので、近所に呉服店や買取店がない人でも手軽に着物を売れます。

送料が無料なことに加えて、着物の知識のある査定員が値段を付けるので、その商品の価値に見合った価格をしっかりと算出してくれます。

送料や振込手数料をかけずに着物を現金化できるので、買取方法を検討中の方はぜひ宅配買取の利用も視野に入れてみましょう。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP