琉球紅型の買取価格を調査!高く売れる店舗はどこ?

沖縄の伝統工芸品としても有名な琉球紅型は、買取ではいくらで売れるのでしょうか。
着物の種類ごとの買取価格の相場や、高価買取ができる店舗についてまとめてあるので、売却を検討している方は一度目を通してみてください。

沖縄の伝統的染め物・琉球紅型

今も続く琉球紅型の歴史

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)は、約15世紀頃には既に存在しており、琉球の王族・士族の衣装や婦人の礼装として染められていたと言われています。

中国や東南アジアとの海外貿易によって、様々な技法が伝わり、沖縄の気候風土をモチーフにした紅型が完成していきました。

王府は染屋を首里城の周りに置いて庇護し、琉球紅型は中国の市場では価値のある交易品として人気を誇りましたが、明治時代の王府廃止によって染屋は庇護を失い、多くの職人が廃業しました。

王府廃止や第二次世界大戦によって、着物の需要も減り、紅型は衰退しつつありましたが、琉球紅型は沖縄を代表する伝統工芸品として、価値を見直され、現在でも重宝されています。

琉球紅型の特徴は色彩と隈取

琉球紅型の特徴は、南国ならではの色鮮やかな配色と、自然豊かな絵柄です。

色彩が豊富な作品が多いため、琉球紅型は様々な色の顔料を使用していると思われがちですが、基本色は赤・黄・青・紫・緑・黒の6色となっており、これらの顔料を混合して独特の色を作りあげています。

模様を描く際には顔料が用いられ、顔料と染料を使って重ね塗りをした後、立体感を与えるために模様に隈取が施されます。

模様に色を付けるだけでなく、隈取によって陰影をつけることにより、刺繍などを施さない紅型でもメリハリのついた華やかさを演出することが可能になります。

二度塗りされた絵柄は、仕上がりは自然ですが、色合いは力強く発色が良くなるという点も、琉球紅型の魅力の1つです。

琉球紅型の柄には様々な影響が

琉球紅型に用いられる模様は、南国の青い空・海、豊かな自然美といった、沖縄ならでは自然や風物をモチーフにしたものが目立ちます。

しかし、古典柄の場合は沖縄独自の絵柄が用いられているわけではなく、どちらかというと東南アジアや中国、日本本土の影響を強く受けている物が多いです。

龍や鳳凰の絵柄は、中国からの影響を受けており、当時は王子や王妃といった王族しか着用することが許されなかったと言われています。

また、紅型は他の染め物と比較して、あまり季節感を意識しない傾向があり、桜、梅、あやめ、燕、蝶、雪持ち笹などのモチーフは、日本本土の友禅染からの影響と考えられます。

色彩は南国特有のものでありながら、様々な模様を楽しめるのも琉球紅型の醍醐味と言えるでしょう。

琉球紅型の現在の価値は?

琉球紅型はいくらで購入できる?

琉球紅型は、型紙を模様の通りに切る所から、顔料を使っての彩色まで、全て職人の方が手作業で行っています。

そのため、非常に時間と労力がかかっており、1つ1つの商品の値段は高めとなっています。

仕立て済み、帯、反物といったように、商品の状態にもよりますが、高価な物なら400万円近くする他、名古屋帯1つでも30万~60万程の値段が付いています。

職人が手染めした着物や帯は非常に高価なため、気軽には購入できませんが、オリジナルのかりゆしウェアやTシャツなら数万円で買うことができます。

また、沖縄では琉球紅型が用いられた雑貨なども土産品として販売されているので、プライスレスで琉球紅型を楽しむことは十分に可能です。

琉球紅型の体験も人気

沖縄では、琉球紅型の体験ができる工房もいくつかあり、観光スポットとして人気を集めています。

既に型が用意されており、布地の染色と、筆を使っての隈取のみを体験できるコースもあるため、「手先が不器用で心配」「上手に仕上がる自信がない」という方でも問題ありません。

体験中は、職人の方たちが丁寧に指導してくれるので、もちろん染め物体験が初めてという方も存分に楽しめることでしょう。

利用する工房によって多少異なりますが、琉球紅型体験では、コースターやポーチ、手提げ、バッグなど好きなアイテムに顔料を塗り、オリジナルの配色を楽しむことができます。

琉球紅型は高価買取が狙える?おすすめのお店は?

琉球紅型の買取価格の相場は高め

琉球紅型は完成までに非常に手間がかかっており、元値も高いため、着物や帯なら中古でも高額査定を狙いやすい商品です。

着物の種類や作家が誰かにもよりますが、訪問着なら5万円以上、振袖だと10万円以上の値が付くことも珍しくありません。

さらに、新品にもなると、訪問着は60万円前後、振袖なら100万円以上と、かなりの高額査定となるでしょう。

証紙の有無も査定額に関わるため、持っている方は忘れずに商品と一緒に査定に出してください。

また、着物は時間が経つにつれ徐々に劣化してしまうので、不要なことが分かっていればできるだけ早く査定に出すのが高価買取のポイントです。

琉球紅型は着物の宅配買取の方が高く売れる!

着物を売る際に注意したいのが、利用する店舗です。

リサイクルショップなどに持ち込んでしまうと、着物の知識が無い人が査定をするため、価値の高い紅型にも関わらず、安値で買取されてしまう危険があるため要注意です。

また、ネットオークションなども、相場以上で売れることはほとんどないため、あまりおすすめできません。

「そうは言っても、近場に着物が売れるお店や呉服店がない」という方にぴったりなのが、全国どこからでも着物を査定に出せる、ネットの着物宅配買取サービスです。

商品を箱に詰めて送るだけで、無料で査定を受けられるうえに、送料・手数料もかからないので気軽に利用できます。

返送料が店舗負担の所を利用すれば、万が一査定額に不満があった場合でも無料で返品してもらえるため、初めて利用する方でも安心です。

着物に精通した査定士が値段をつけるため、不当な安値で買い叩かれる心配もなく、安心して着物を買取に出せます。

琉球紅型は、十分高価買取が実現する商品なので、利用するお店をしっかり選んで、損なく買取に出しましょう。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP