辻が花の着物の買取価格は?振袖や訪問着が人気?

買取で高値がつきやすいとされている、辻が花の買取価格の相場を調査しました。
更に高く売るために気を付けたいことや、利用したい買取方法も紹介しているので、高額査定を狙っている方はぜひ一読してください。

そもそも辻が花の着物とは?

辻が花は染色の技法

辻が花は、様々な絵模様を絞り染めによって表現する技法です。

現代まで残された資料が少ないためハッキリとした定義は決まっていませんが、現代では、絞り染めを基調として、絵や金箔、刺繍などを施した作品のことを主に指します。

布を結んで染めただけの簡略的なものから、絵模様の輪郭を縫い絞り、様々な色で染色をしたものまで、幅広い種類があります。

絞り染めと聞くと、巻上げ絞りや鹿の子絞り、匹田絞りといった幾何学模様をイメージする人も多いと思いますが、辻が花は絞りそのもので絵画的な柄を表しているため、全く異なるデザインとなります。

その絞り染めをした部分に加えて、金・銀箔や描き絵、刺繍を施すことで、更に美しい仕上がりになります。

辻が花の歴史

辻が花の技法のハッキリとした始まりは分かっていませんが、室町時代の後半から流行し、桃山時代の末期にかけて制作されていたと推測されています。

初期の辻が花は、一色を使った、文様が白の地染まりでしたが、文様の一部を別の色で染めた作品も生まれました。

朽ち果て行く花や葉を表現した辻が花も多く生まれ、その美しさは当時の権力者たちからも好まれるようになり、次第に金箔や色鮮やかな刺繍が施されたきらびやかな作風へと発展しました。

戦場の陣羽織として愛用する武将も多かったものの、技術の伝承者がいないこともあってしばらくの間は姿を消していました。

昭和の末期に、染色家の久保田一竹によって辻が花は復活し、現在では振袖や訪問着として人気を得ています。

辻が花の訪問着や振袖の値段は?

辻が花の商品は、留袖、付下げ、帯など様々な物がありますが、中でも振袖や訪問着の人気が高いです。

自然をモチーフとした品のあるデザインは、幅広い年齢層にマッチし、フォーマルな場面はもちろん、パーティーや行事でも着用可能です。

デザインや、有名作家の作品かどうかによっても値段は変化しますが、安い物なら20万円、呉服店などで購入する場合は30~60万円程が相場とされています。

高級な物は100万円を超え、小林麻央さんが着用していたピンクの辻が花は、有名作家である樋熊哲也の作品のためかなり高値となっており、500万円すると言われています。

また、成人式などで辻が花の振袖をレンタルする際の値段は30万円前後です。

中古のものなら20万円程で購入できる物もあるため、まさにピンキリと言えます。

更に知りたい辻が花のポイント

辻が花の着物の特徴

辻が花の着物には、桜、藤、菊、椿といった四季折々の花があしらわれています。

花弁を一枚ずつ丁寧に墨の線でくくり、墨でぼかしを入れることによって、絞り染と絵が調和します。

更に、病葉(わくらば)と言われる、病気や虫によって変色した葉や、露の玉などが繊細に描写されており、このような緻密な文様を描く技法は“カチン描き”と呼称されています。

繊細な描画は辻が花の特徴で、花を描く際はおしべ、めしべ、花粉を描写するのに加えて、葉にもしっかりと葉脈を引いています。

糸入れや絞りの工程はもちろん、白上がり部分の生地の白さを損なわないように、注意深く行われる描画の仕上げも、かなりの時間と労力がかかっていることが分かります。

辻が花と久保田一竹

久保田一竹は、東京の骨董品屋の息子として生まれ、友禅師小林清のもとへと手書き友禅を極めるために入門し、更には人物画や日本画を学びました。

1937年に、東京国立博物館にて室町時代の辻が花に魅せられたものの、当時、値段が高い上に手間がかかり量産しにくい辻が花は、廃れていました。

久保田は辻が花の復活を目指し、過去の再現だけでなく現代の辻が花を確立しようと、研究に取り組みます。

1944年には太平洋戦争に出兵し、シベリアに抑留されるも、薬品で染色を行ったり、防寒具の毛に筆を入れるなど、辻が花再建への熱意を失わずに研究を続けていました。

その後自己流の辻が花を生み出し、1990年にはフランス芸術文化勲章シュバリエを受賞しました。

有名染色工芸家となった久保田一竹の作品は、現在でも高級品として高値で取引されています。

辻が花は買取で高く売れる?

辻が花を買取に出した際の相場価格

商品の元値にもよりますが、辻が花は人気作品なので、作家物でなくても3~8万円程の値段がつくことが多いようです。

また、商品の状態が良ければ20万円前後の査定を受ける場合もあるので、日頃から着物は大切に扱うようにしましょう。

作家物になると更に価格は上がり、初代久保田一竹の作品にもなると、100万円以上で買取されることもあります。

樋熊哲也の作品も、市川海老蔵との結婚会見の際に小林麻央が着ていた振袖の作者ということもあって、高値がつきやすい傾向があります。

どんな商品を売るにせよ、着物の価値を証明する証紙は査定額を決めるうえで重要になるので、忘れずに一緒に査定に出すようにしましょう。

また、いらない着物なら劣化する前に、なるべく早く査定に出すのも高価買取に繋がるポイントです。

着物を売るのにおすすめな買取方法

辻が花は人気があるため、売るお店さえしっかり選べば十分に高価買取が狙える商品です。

着物専門の査定員がいないリサイクルショップなどに持って行っても、正当な価格はつけて貰えないので利用は控えた方が良いでしょう。

また、一見ネットオークションなら高く売れそうに思えますが、落札価格は相場価格を下回る物がほとんどの為、手間や労力を考えるとあまりおすすめはできません。

辻が花を売るなら、全国どこからでも査定を受けられる着物の宅配買取サービスの利用がおすすめです。

宅配買取は送料が無料なので、余計な費用をかけずに着物を売れると、現在注目されている買取方法です。

もちろん査定額に満足いかなければ無料で返送して貰うことも可能なので、買取初心者の方でも安心して利用できます。

着物に詳しい査定員に無料で商品を見て貰えるので、買取方法を検討中の方はぜひチェックしてみてください。

口コミで人気の着物買取店を確認!

↑PAGE TOP