車買取おすすめ比較ランキング 最新版

今の車を最も高く売る為の車買取比較サイト

車の買取におすすめの店舗を比較!

今の車をできる限り高く売りたい!徹底比較した車の買取店ランキングを公開中です。
高価買取の秘訣からおすすめ買取店まで、大切に乗ってきた愛車を高く売るワザを大公開!
一括査定は普通車から廃車まで比較し、より簡単に買取価格が比較できる人気サイトを紹介しています。

乗らない車は買取に出してお得に処分!

買取業者を自分で比較するのは大変

自動車は現代社会では必要な機会が多く、家族でのお出かけや旅行といったイベント事から日常のお買い物まで、無くてはならないものになりました。

しかし、大切に乗ってきた愛車も一生使える訳ではなく、車検を迎えたり、走行距離が長くなった事で乗り換えたりと、様々なタイミングで必ず買い替えを行います。

車は新車だけでなく中古でも販売価格が高いため、今まで乗っていた車を下取りや買取に出して、購入時の支払いに充てるのが一般的です。

売りに出す時にはできるだけ高い値段で買取ってもらい、新しい車を購入する際の資金に充てたいものですが、何百社とある車買取業者1社ずつに査定をしてもらうとなるとかなりの労力がかかってしまいます。

そこで、高価買取が見込める業者を簡単に絞り込むために、ネットを使った車の一括買取査定を利用するのがおすすめです。

一括査定なら無料で簡単に調べられる!

ネット上で行える車の一括買取査定では、売りたい愛車の情報を入れるだけで査定額の概算を知ることが出来ます。

入力項目はそれほど多くなく、車種や走行距離など3分程で入れられるため、初めてでも簡単に利用できる無料サービスです。

より高く売れる買取業者の候補が挙げられるため、ネット査定の後はその中から気になる業者に連絡を取り、実車を見て実際の金額を提示してもらう本査定を行います。

中古車業界は平成22年頃から右肩上がりを続けており、需要が増え続けているため、手間をかけずに売りたい顧客から車を買取るために、自宅まで出張してくれる店舗も多くあります。

自宅に居ながら本査定が行えるので、店舗まで出向く必要もなく、ガソリン代などの交通費や余計な時間は一切かかりません

しかも、出張買取を行っている業者は時間をかけて自宅に出向いているため、自社に車を売って欲しいという気持ちが強く、持ち込みで査定をする買取店よりも高価買取が見込めます。

当サイトでは、数ある中古車のネット査定サービスの中から、「参加業者数の多さ」「安心して依頼できる信頼性」「手間がかからない利便性」などを元に、おすすめの一括査定サイトをランキング形式で紹介しています。

もちろん、本査定に移行しても完全無料で利用できますので、今いくらで売れるのか試してみたいという気軽な利用も可能です。

「自分の車の買取価格が知りたいけど、調べるのが面倒くさい…」と思っている方は、是非参考にしてみてくださいね。

車買取一括査定おすすめ比較ランキング

複数社から一気に査定額の見積もりがもらえる一括査定を、おすすめ順にランキングにしています。

自分で1社ずつ申し込みをして見積もりをもらうのは大変ですが、一括査定ならまとめて依頼ができるので非常に便利です。

手間をかけずに一番買取価格が高いお店を見つけられるサービスですので、「少しでも高く売りたい!」という方は一括査定を利用して、高査定を出してくれる業者を選びましょう。

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較
サイト情報
登録業者数
200社以上
査定提案数
最大10社
安全性
ISO27001(情報セキュリティ)取得
運営企業
株式会社ウェブクルー

ズバット車買取比較の特徴

車買取や引っ越しなど、一括見積りサイトの大手であるズバットの自動車一括査定です。

200社以上の買取業者の中から、高額査定を提示した最大10社を自動的に選別してもらうことができます。

累計利用者数150万人以上という優れた実績を持っており、車買取で悩んでいる初心者から複数利用しているベテランさんまで、多くの方に愛用されています。

1分もかからない入力フォームで簡単に査定金額が分かるので、車に詳しくない方やあまり時間がかけられない方でも安心して利用できます。

また、年末年始・特定日を除き、年中無休でカスタマーサポートを設けており、不安や悩みもしっかりと解決した上で車買取の一括査定を行うことができるのも安心です。

「期間中の成約で現金プレゼント」など、お得なキャンペーンが随時開催されているのも見逃せません。

ズバット車買取比較の詳細を見る

ユーカーパック

ユーカーパック
サイト情報
登録業者数
2000社以上
査定提案数
査定後による
安全性
-
運営企業
UcarPAC株式会社

ユーカーパックの特徴

車一括査定の中でも、独自のサービスを展開し人気を集めているのがユーカーパックです。

申し込み後に全国500店以上ある提携ガソリンスタンドで本査定を行うことで、最大2,000社もの事業者から入札をもらうことができます。

査定へ出向く手間はありますが、大手から地方の中古車販売店まで幅広いネットワークを持っているので、より高い買取額を期待することが出来ます。

査定基準はユーカーパックの独自評価で行われるため、買取店によって差異が生じることがないという点も安心感があります。

しかも、査定・買取に関する連絡はユーカーパックからのみ、査定もたった1度だけなので、何社も対応が必要な煩わしいやり取りがありません。

「色んな業者とやり取りをするのが大変」「業者と直接交渉するのが不安」という方も、気軽に利用できると好評です。

ユーカーパックの詳細を見る

カーセンサー.net

カーセンサー.net
サイト情報
登録業者数
非公開
査定提案数
最大30社
安全性
一般社団法人日本自動車購入協会監修
運営企業
株式会社リクルートホールディングス

カーセンサー.netの特徴

リクルートが運営する中古車情報誌でも有名なカーセンサーの車買取一括査定です。

他店に比べて入力項目が多いですが、その分、概算査定の段階から実質買取価格により近い値段を提示してもらう事ができます。

日本車はもちろんのことアルファロメオ、シトロエンなどの名だたる高級外車やニッチなメーカーまで幅広い車の買取依頼が可能です。

また、売却希望時期や出張査定の希望の有無などより具体的な情報を入力することができるため、業者側にも顧客の意思が伝わりやすく、本査定後のスムーズな成約につながります。

カーセンサーのサイトは、自動車買取業界の健全化を進める「一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)」の監修を受けています。

安全なサービスを提供、安心して契約できる環境作りに努めているため、初めて利用する方にもオススメです。

カーセンサー.netの詳細を見る

車選び.com

車選び.com
サイト情報
登録業者数
200社以上
査定提案数
最大8社
安全性
JPUC車売却消費者相談室の設置
運営企業
株式会社ファブリカコミュニケーションズ

車選び.comの特徴

住まいの地域に合致した買取業者の中から、高価買取店を絞り込めるのが車選び.comです。

利用実績が400万人を超えており、車買取業界の中でも最大級の規模を誇ります。

車両情報はたった4項目で入力が完了するので、短時間で手間なく査定額の比較が行えます。

車買取に関する独自コンテンツも豊富で、高額査定の掟や業者の口コミなどの情報提供も行っているため、車買取に詳しくないという方も利用しやすいサービスです。

また、約4000社の買取・下取りデータを分析しており、メーカーと車種から現在の買取相場をリアルタイムで調べられるので、より比較検討がしやすくなります。

万が一、買取業者とトラブルが起こってしまった場合にもJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)車売却消費者相談室が介入し、利用者目線でサポートしてくれるので安心して利用できます。

車選び.comの詳細を見る

中古車買取査定市場(楽天オート)

中古車買取査定市場
サイト情報
登録業者数
100社以上
査定提案数
複数社
安全性
ISO27001(情報セキュリティ)取得
運営企業
楽天株式会社

中古車買取査定市場の特徴

大手通販サイト楽天が提供する、車買取一括査定サービスです。

下取りよりも高価買取できるという自信を誇り、提携100社以上の買取業者の中からより条件の良い会社を選ぶことができます。

登録している業者数は100社以上と他社に比べて少なめで、大手から中小業者まで厳選された事業者のみが参加しています。

査定の提案数が定められておらず、車両条件などによって買取希望業者の数が変動しますが、必ず複数社の見積もりがもらえるため手間なく比較することが可能です。

しかも、利用するだけで楽天ポイントが付与され、一括査定の依頼で5ポイント、成約で1,500ポイントが溜まるので楽天ユーザーに特にお得なサービスです。

ログインすれば個人情報の入力に楽天会員情報が利用できるため、入力の手間もかかりません。

中古車買取査定市場の詳細を見る

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド
サイト情報
登録業者数
45社
査定提案数
最大10社
安全性
JADRI加盟企業のみ登録
運営企業
株式会社エイチームライフスタイル

かんたん車査定ガイドの特徴

東証一部上場企業のグループ会社である、エイチームライフスタイルが運営しています。

たった45秒の簡単入力で、愛車の最高査定額や相場価格が分かる便利な一括査定サービスです。

登録している業者は非常に少ないものの、全てがJADRI(一般社団法人日本自動車流通研究所)に加盟している優良企業で、どの業者から見積もりをもらっても安心して本査定へ進めます。

普通車はもちろんのこと、輸入車や寒冷地仕様などニッチな車の買取にも強みを持っているため、特殊車両を売却したいという利用者から特に人気です。

実際の利用者アンケートでは、下取りよりも平均16万円も高くなったという実績を持っており、下取り予定から乗り換えるという方も多いサービスです。

車の売却と利用後アンケートへの回答で、毎月抽選で最大10万円をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

かんたん車査定ガイドの詳細を見る

みんカラ(カービュー)

みんカラ
サイト情報
登録業者数
200社以上
査定提案数
最大8社
安全性
-
運営企業
株式会社カービュー

みんカラの特徴

自動車専門サイトとして有名なカービューが運営しており、利用者数400万人を突破した人気サービスです。

知名度が高いため老若男女問わず幅広く支持を得ており、豊富な実績を誇ります。

今まではオークション形式を採用していましたが、現在はより分かりやすい一括査定サービスが採用されており、どなたでも簡単に利用できるようになりました。

一度に最大8社もの買取価格や条件を見ることができるので売却先を選びやすく、様々な場所に見積もりを出す手間がかかりません。

一括査定を依頼できるのはメジャーなメーカーが中心となっており、日本では台数の少ない希少なメーカーはあまり得意ではなさそうです。

カービューでは普通車以外にトラック、バス、重機などの商用車の買取も取り扱っているため、事業者の方にもおすすめです。

みんカラ(カービュー)の詳細を見る

一括査定.com

一括査定.com
サイト情報
登録業者数
-
査定提案数
-
安全性
JADRI運営、JPUC連携
運営企業
一般社団法人日本自動車流通研究所

一括査定.comの特徴

年間5,000台の利用実績を誇る車買取サービスが、一括査定.comです。

日本国内にある優良自動車流通事業者が作るJADRI(一般社団法人日本自動車流通研究所)によって運営されており、厳しい審査を突破した優良車買取店しか利用することができないという徹底された管理体制で、車買取が初めての方でも利用しやすいのが特徴です。

登録業者数や査定提案数が非公開となっており、実際に一括査定を申し込んでどの程度の比較ができるのか不透明という点がネックではありますが、厳選された事業者から見積もりがもらえるという面では安心感があります。

また、車買取に関連して発生するトラブルの監視・対応力にも優れているという点も、多くの方に支持されている秘訣です。

トラブル発生時にはJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)と連携を図り、消費者がより安全に利用できるフォロー体制を整えています。

一括査定.comの詳細を見る

廃車検討中の車を売りたい方へ

不動車や事故車など一見すると廃車になって当然という車でも、実は買取サービスを使えば売る事が可能です。

廃車予定の車をお持ちの方は手続きをする前に、売却を検討してみましょう。

廃車になってしまう様な車でも売れる?

今は不動車・事故車も売れる時代!

故障、水没、災害被害など様々な理由で動かなくなってしまった車の事を「不動車」と言います。

動かなくなってしまった車は当然公道を走れませんので、廃車手続きをしてスクラップするものだと考えるのが一般的です。

また、大きな事故を起こして破損してしまった「事故車」も、安全性の面から損壊が大きい場合は廃車が検討されます。

しかし、廃車手続きは自分で行うと想像以上に大変な上、手続きや車体移動に費用がかかります。

愛車が壊れてしまったという精神的なダメージに加え、時間的・経済的に様々な負担が強いられるため非常に心苦しいものです。

そこで有効に活用したいのが、廃車の買取です。

不動車や事故車にも価値を見出し、値段を付けて買取ってもらえるとあって非常に人気が集中しています。

なぜ廃車寸前の車を買取ってくれるの?

車は移動手段としての役割が最も大きく、車のオーナーからしてみれば「動かなくなった車や安全に乗れない車には価値がない」と考えるのが当然です。

しかし、中古車の販売業者や修理業者、輸出業などは、車そのものではなく内部の部品に対して価値を見出すことができるため、廃車になってしまう様な車であっても買取る事ができるのです。

自動車の部品は再生資源として利用できる素材が多く含まれており、重量比約96%という高いリサイクル率を誇っています。

国内外で車以外の用途として生まれ変わることができる不動車は、普通車の一括査定の様に中古として売りやすい車種の人気や状態で値段が変わるのではなく、どれだけリサイクルできるかで買取価格が変動するのです。

1円にもならないと思っていた愛車に値段をつけてくれるのは廃車買取だけですので、ぜひスクラップをする前に査定に出してみましょう。

もちろん、不動車や事故車だけでなく過走車や車検切れの車なども対象となりますので、参考にしてください。

廃車買取おすすめ比較ランキング

廃車をお考えの方におすすめしたい、高価買取が見込める廃車査定サイトのランキングです。

動かない車や大破してしまった車、普通車の買取では安くなりがちな過走車が高く売れる業者を手間なく探すことが出来ます。

廃車の買取はまだ一括査定の導入が少なく、基本的には自社サービスとなりますので、一括査定を希望する場合は「カービュー(みんカラ)事故車査定」をご利用ください。

カーネクスト

カーネクスト
サイト情報
買取保証
0円以上買取保証
レッカー代
無料(一部離島も対象)
手続き費用
無料(書類再発行代は実費)
対応エリア
日本全国対応

カーネクストの特徴

カーネクストは顧客満足度95%を誇る、今最も人気の廃車買取サービスです。

事故車、不動車、多走行車などどの様な車であっても、必ず値段を付けて買取ってもらえる保証付きで、安心して依頼できます。

普通車だけでなく、バンタイプの商業車やディーゼル車の買取も行っており、個人・法人問わず幅広く利用できる業者です。

日本全国どこでも引き取り可能で、動かない車のレッカー移動も無料です。

可動車で走行5万km以下の場合は査定額が1万円アップする特典もついており、他店よりもお得に売ることができます。

手続きは全て専門スタッフが代理で行うため手間がかからず、難しい申請に悩まされることもありません。

車の状態から万が一廃車となってしまった場合でも、登録抹消等の手続きを無料で実施していますので、気軽に申し込みが出来ます。

カーネクストの詳細を見る

廃車引き取り110番

廃車引き取り110番
サイト情報
買取保証
なし
レッカー代
無料(島嶼地域等一部有料)
手続き費用
無料(書類再発行はお客様実施)
対応エリア
日本全国対応

廃車引き取り110番の特徴

廃車のみを専門で取り扱っている業者が、廃車ひきとり110番です。

年間3500代以上の引き取り実績を誇り、個人から法人まで多くの人に利用されています。

専門店ならではの査定眼を持ち、水没、事故、低年式の車など一見売れなさそうな車でも高価買取に繋がると評判で、車購入時の下取り査定や普通車の一括査定では値段がつかなかった車でも、査定に出す価値があります。

レッカーや解体、板金塗装なども全て自社で行っているためコストがかからず、99.5%が1000円以上の買取価格という高い実績を生み出しています。

日本全国見積もり無料で、翌営業日までに見積もり・査定額を教えてくれるスピーディーな対応も人気です。

もちろん廃車にかかる引取料や事務手数料などの費用は全て無料で、面倒な手続きも代行してくれる嬉しいサービスが付いています。

廃車引き取り110番の詳細を見る

廃車ドットコム

廃車ドットコム
サイト情報
買取保証
なし
レッカー代
無料(作業困難場所等一部有料)
手続き費用
無料(書類再発行はお客様実施)
対応エリア
沖縄・一部離島を除く

廃車ドットコムの特徴

廃車ドットコムは、ISO14001も取得しており、廃車のリユースやリサイクルを通して地球環境の保全にも貢献している業者です。

下取り・買取で査定が付かない様な状態の車の買取を得意としています。

廃車の専門業者が集まって構成されているため、他店では買取できないと言われた車でもしっかりと価値を見極めて、納得の買取価格を提示してもらうことができます。

改造車や放置車両も買取可能で、査定に出せない車はほとんどありません。

入力フォームは約30秒で記入できるほど非常に簡潔になっており、車両情報に詳しくないという方も使いやすくなっています。

ただし、一度提示された見積もりの有効期限は3日間と短めなので、「他社と比較したい」「ゆっくり検討したい」という方には不向きかもしれません。

廃車ドットコムの詳細を見る

カービュー(みんカラ)事故車査定

カービュー事故車査定
サイト情報
買取保証
なし
レッカー代
査定業者による
手続き費用
無料(書類再発行はお客様実施)
対応エリア
日本全国対応

カービュー事故車査定の特徴

2000年から累計400万人以上の方が利用しているカービュー(みんカラ)の事故車査定は、廃車買取業界では珍しい一括査定が行えるサイトです。

有名企業だからこそできる200社以上のネットワークを駆使し、最大8社の見積もりを比較検討することができます。

最も良い買取価格・条件のお店を顧客が選べるとあって、廃車買取サービスの中でも人気が高まっています。

また、3ステップで完了する簡単な申し込みフォームも便利で、時間や手間をかけずに簡単に売れると評判です。

他の廃車買取店と違い、あくまでも一括査定をするためのものですので、改めて実車の本査定が必要になります。

軽い修理程度で自走・再販できる車は申し込み対象外となり、窓口が中古車一括査定となるため注意しましょう。

カービュー事故車査定の詳細を見る

車買取のサービスを一斉調査!使いやすいのはどこ?

可動車の一括査定の比較

  登録業者 最大提案数 一括査定依頼先 相場・概算の事前確認
ズバット車買取比較 200社以上 最大10社 選択可 可(申し込み後)
ユーカーパック 2000社以上 車情報による 選択不可(ユーカーパックが実施) 可(申し込み後)
カーセンサー.net 非公開 最大30社 選択可 不可
車選び.com 200社以上 最大8社 選択可 可(TOPページから検索or申し込み後)
中古車買取査定市場 100社以上 車情報による 選択可 可(申し込み後)
かんたん車査定ガイド 45社 最大10社 選択不可 可(申し込み後)
みんカラ 200社以上 最大8社 選択可 不可
一括査定.com 非公開 車情報による 選択不可 不可

上記のサービス比較表を見てみると、最も使いやすいサービスが揃っているのは「ズバット車買取比較」であることが分かります。

査定を行える登録業者数はユーカーパックに負けていますが、これは一社請負型であるユーカーパックの性質上、他の一括査定サービスが勝てるはずもありません。

査定額を提案する業者数も多めで、しかも一括査定を依頼する業者を申し込み時に指定することもできるので、「悪い口コミを多く目にした」「あまり良い評判を聞かない」という業者があればあらかじめ省く事も可能です。

一見すると、カーセンサーが最大提案数30社と良さそうに思いますが、あまりに数が多すぎると各社を比較するのが大変になり、さらに30社も相手に電話やメールの連絡をするのは非常に手間がかかるので、実はあまりおすすめではありません。

大手や中小企業など大小さまざまな業者があり、地域や車の状態によって減る事を考えても、最大10社程度を目安にするのが最善と言えます。

「どの一括査定が良いのか分からない」「どこを使っても同じじゃないか?」と思う方は、ズバットを利用すれば間違いありません。

また、ユーカーパックは実車査定が1度で済み、業者との直接のやり取りも不要なので、煩わしい連絡が苦手という方におすすめできます。

ただし、ユーカーパックは買取を前提としたサービスのようで、実車査定を行わないと買取店に査定をしてもらえないので、「とりあえず金額だけ聞いてみたい」といった気軽な気持ちで使いにくいという点は気を付けましょう。

事故車、不動車などの廃車査定の比較

  対応地域 レッカー代 書類再発行代行 相場・概算の事前確認
カーネクスト 全国 無料 可(実費) 不可
廃車引き取り110番 全国 無料(一部地域は有料) 不可 可(LINE査定)
廃車ドットコム 沖縄・一部離島以外の全地域 無料(作業場所により有料) 不可 不可(実績掲載あり)
  登録業者 最大提案数 一括査定依頼先 相場・概算の事前確認
カービュー事故車査定 200社以上 非公開 選択可 不可(可動車のみ)

事故車や故障・水没などによる不動車を売ることのできる廃車買取では、カーネクストが使いやすいサービスを多く提供しています。

日本全国どこでも対応地域となっており、動かない車のレッカー代も完全無料なので不要な出費がかかることがありません。

書類を紛失してしまった場合でも、再発行手続きを無料で代行してくれるので、必要な書類が見当たらないという方も気軽に利用できます。

もちろん、廃車の買取や書類の再発行の手続き費用は完全無料です。

しかも、カーネクストでは買取保証を行っており、どんなに古い年式の車や多走行車、廃車になるものでも必ず値段をつけて買取ってくれます。

「実際に査定に出してみたけど、買取不可といわれた」「なんだかんだ理由を付けて0円にされた」という事がないので安心です。

また、廃車の一括査定を行っているサービスは、現時点ではカービューしかありませんが登録業者数が多いので、買取価格に不安がある方や比較したいという場合は一度利用してみても良さそうです。

一括査定はどのサイトを選ぶのが正解?

3つのタイプに分かれる一括査定業者

当サイトでは車買取一括査定のオススメ店を紹介していますが、実は、この中には大きく分けて3種類のサービスがあります。

自分の使いやすさに合わせて最適なサービスを選ぶと、より手間なく簡単に買取が行えます。

どのサイトを使えばよいのか迷ってしまうという方は、是非下記を参考に選んでみてください。

1.とにかく入力が少ない!簡易タイプ

申し込みフォームの入力項目が非常に少なく、とにかく簡単に査定の依頼ができるタイプです。

車買取一括査定ランキング第1位の「ズバット車買取比較」や、廃車買取ランキング第1位の「カーネクスト」がこれに当てはまります。

手間がかからないので、女性やご年配など車に詳しくない方やとにかく時間をかけずに済ませたいという方から人気があり、今や一括査定の主流となっています。

簡易的な入力となる分、電話やメールで提示される査定額はあくまでも参考価格となり、所有車の実際の買取価格とは差異が生じるという点がデメリットです。

2.手間はかかるが現実的!詳細タイプ

簡易タイプとは逆に、申し込み時点でとにかく詳細な情報を入力して査定の依頼を行うタイプです。

車買取一括査定ランキング第3位の「カーセンサー.net」が当てはまるほか、廃車買取ランキング第2位の「廃車引き取り110番」では簡易タイプとは別に詳細タイプも設けています。

入力時点で手間がかかる分、実車査定前の概算金額が簡易タイプに比べて実際の買取価格に近くなるというメリットがあります。

ただし、形式やグレード、車検時期、装備・オプション内容などとにかく項目が細かいので、入力するのに想像以上に時間と手間がかかります

車検証などを確認しながらでないと入力できない事もあるので、気軽な気持ちでは利用しにくいサービスです。

3.窓口1社が代理に!オークションタイプ

上記2タイプは、一括査定を申し込むことで車の買取を行う各業者から連絡をもらい、本査定を行う流れになっています。

何件もの業者から電話やメールが入るため、対応が煩わしいという方も少なくありませんが、それを解決してくれるのがオークションタイプです。

おすすめランキングの中では、車買取一括査定ランキング第2位の「ユーカーパック」が唯一行っているサービスで、業界内でもそれほどメジャーな方式ではありません。

一括査定の申し込みをしたユーカーパックが窓口となり、車の情報だけを買取業者に公開してオークションにかけるので、利用者への連絡は1社からしか行われず面倒さがないのが特徴です。

申し込み後には、オークション用に実車査定を行わなければならないので、ある程度具体的に買取を考えている方向けのサービスとなります。

また、リアルタイムに買取業者が競争するわけではないため、上記2タイプに比べて買取価格が低くなりやすい傾向があります。

一括査定の利用は原則1サイトでOK

3つのタイプから自分が利用しやすいサービスを選んだら、次にどのサイトを利用するか検討します。

サイトの候補が複数挙がると思いますが、車買取の場合はどこか1サイトだけで申し込みをしましょう。

一括査定サイトを複数利用する必要はありません

車買取の一括査定では、登録している業者の中から車の需要や地域に合ったお店が自動的にピックアップされますが、近年はどのサービスも登録業者数が非常に多いため1サイトだけ利用すれば十分に比較ができるからです。

概算の査定額や担当スタッフの対応などを確認し、信頼してお任せできそうな業者に本査定を依頼し、より具体的に検討しましょう。

ただし、「どこも対応がイマイチだった」「もっと他の業者も比較したい」という場合は、他のサイトも併用することでより希望に沿った買取に繋がる可能性が高くなります。

車の買い替えは下取りが良い?買取が良い?

「下取り」と「買取り」の違い

車を買い替える際にディーラーでよく聞く「下取り」は、今所有している車を販売店に売り、その売値を購入代金に充てるという方法です。

下取りは、所有車の売却から新車の購入まで一括して同じお店が担当するため、対応がスムーズで手間がかからないというメリットがあります。

一方、当サイトでも紹介している「買取り」は、買取を専門としている業者に対して車を売却し、現金を得る方法です。

得た現金の用途は自由ですが、車の買い替えを行うのであればその購入代金に充当することができます。

買取を利用する場合は、新しい車の購入店とは異なる業者を利用することになるため、下取りに比べて手間がかかりますが、実は買取の方が圧倒的にお得なのです。

騙されない!車下取りのからくり

新しい車を購入する際、価格交渉に関係するのが「新しい車の値引き額」と「古い車の下取り額」の2つです。

実は、この両者があることでディーラーは言葉巧みに利益のバランスを保つことができるようになっています。

例えば、Aという車を購入する際「Aの値引きは20万円、今の車の下取りは10万円」と言われたとします。

買い手としては少しでも安く買いたい訳ですから、当然価格交渉を行いますが、その時には「Aのお値引きは限界なので、下取り価格20万円でいかがでしょう!?」といったやり取りが行われます。

この流れでは一見すると10万円も得したような気がするのですが、実はこれが騙されるポイントの1つなのです。

下取りに出す場合、車の相場価格を調べている顧客はほとんどいませんので、例えば買取に出せば50万円の値が付くはずの車を10万円と言っているにすぎません。

つまり、下取り価格を20万円に上乗せしたところで、ディーラーは儲けを出すことができる様になっているのです。

もし、フェアなどで値引き額が高い場合には下取り価格を通常よりも抑え、バランスを取って利益を崩さない様にコントロールしています。

限界を出さざるを得ない買取業界

しかし、車の買取では下取りの様な利益コントロールができません。

利用する顧客は「所有者がいくらで売れるのか」という点に着目してサービスを利用するため、車の買取相場もしっかり調査をした上で査定の依頼をするからです。

走行距離や傷などの状態によって差異はあるものの、当該車種の買取全国平均が分かっている以上、相場から大幅に外れた価格の提示ができないのです。

しかも、車や廃車の買取を利用する人は、全員が下取りの様に新しい車の購入を前提にしているわけではありません。

「新しい車をどれだけ安く買えたか」という視点は持っておらず、「自分の車がいくらで現金化できるか」という事にしか興味が無いので、複数の買取業者を利用して最も高く売れるお店が選ばれるのが当然の流れです。

下取りと違って豊富な業者数から比較する事ができるため、買取店は他店に負けない限界値を提示しなければならず、競争原理によって自然と高価買取を実現する事ができるのです。

PAGE TOP