不動車の買取でよくある質問

不動車の買取・手続きで、多くの人が疑問に思う点をQ&A形式でお答えします。

不動車これでも買取してもらえる?

不動車本体に関する質問

不動のままレッカー移動されて、手元にない場合は?

ディーラー、修理工場、レッカー業者、警察署など、不動車の場合保管が自宅とは限りません。

買取業者によっては、先に移動を行ってくれる場合もありますので、まずは相談してみましょう。(成約前の移動になるため、別途料金が発生することがあります。)

数年間動かしてないけど、買取はできる?

しばらく動かしていない車であっても、不動車として買取してもらうことができます。

ただし、直近まで走っていた車に比べて、錆や劣化が激しい場合がありますので、買取価格が下がってしまうこともあります。

カーナビやオーディオ、ETCはどうしたらいい?

基本的に取り外しできる電子機器は、新しい車で使用する方もいらっしゃるので、取り外しをしても問題ありません。

自分で取り外しの工事をする場合は、不動車買取査定の段階で査定士に伝えれば、それを除いた見積額を提示してもらうことができます。

買取業者に取り外しをお願いすることもできますが、別途料金が発生することもありますので、担当査定士に相談してみましょう。

不動車買取の手続きに関する質問

不動車の引き渡しはいつ頃行われる?

不動者の買取査定を行った後、成約すれば後日あらためてレッカー車で引き取りに来ます。

日程は業者と依頼者とで相談ができますので、駐車場契約の都合や新しい車の納車など、引き渡し希望時期がある場合には相談してみましょう。

ただし、買取業者の繁忙期とかぶってしまうと、希望に添えない場合もありますので、時期に余裕をもって相談しましょう。

車の所有者と連絡が取れない場合は?

不動車の場合、車を置いたまま放置してあることもあります。

車の所有者を変更しない限り、邪魔だからといって勝手に買取を行うことはできません。

警察に相談をするなどして、車の所有者と連絡を取れる方法を考えましょう。

自動車税の支払いをしていない場合は?

不動車の買取自体はできますが、手続きの際に都道府県税から差し止めを受けることがあります。

自動車税は所有権譲渡をしても、滞納分の税金は支払い義務が残ります。

買取した後、買取業者が都道府県税から差し止めを受けると、依頼者の個人情報を開示する義務が発生し、後々、延滞金が加算された納税通知が来ますので、必ず支払いをしなければなりません。

PAGE TOP