車買取おすすめ比較ランキング 最新版

事故車の買取と活用事例

なぜ買取業者は事故車にお金を出すのか?

一見使い道がないように思われる事故車でも買取業者は買取を行っています。
事故車が売れる理由や買取後の車の活用方法について紹介します。

乗れない事故車でも売れる理由

事故車の活用法1.リユース

事故車は大きく分けて「事故現状車」と「事故修復歴保有車」とに分けられます。

事故現状車は事故を起こした時のまま、未修理の状態で保管してある車のことを指し、事故修復歴保有者は板金塗装や部品交換などが済んでいる車のことを指します。

どちらの状態であっても、事故による車の損傷が軽く、乗車しても問題がない程度の事故車であれば、中古車として再販することが可能です。

事故車はあまり買い手がつかないと思われがちですが、再販した時も安全性は保障されており、一般的な中古車よりもかなり安く購入することができるため、実は意外と買い手がいるものです。

事故車の買取業者では、自社で整備することで事故車を中古販売としてリユースでき、また無事故車よりも安い価格で買取ることができるため、需要があるのです。

事故車の活用法2.リサイクル

事故車の中でも損傷が激しく、中古車として再販できない場合でも、廃車にする前に使い道が残っています。

1つは、パーツを分解して販売する方法です。

事故車の中でも、全パーツが使用不可能になるほど全損する車は少なく、一部の部品を除いて正常に作動します。

こういった事故車の場合はパーツごとに選り分けて業者に販売することができるため、利用価値があります。

このようなパーツ販売は自動車を扱う業者でしか行えませんので、事故車買取に出し、次につなげてもらうのが良いでしょう。

また、車には多くの鉄が使用されているため、資源として再利用することができます。

事故車に使われている鉄でも、溶かして再利用するため、強度等には何ら影響がでないのです。

車のような大きな鉄の買取は基本的に事業者間で行われ、また鉄・銅・アルミなど種別の分別も必要になりますので、事故車の買取業者が得意としています。

事故車の活用法2.海外需要

リユースであってもリサイクルであっても、需要があるのは日本国内だけではありません。

日本車が安全性に優れた車であることは海外でも非常に有名で、人気がありますが、日本車は価格が高いため中古車の需要が高くあります。

また、アジアを中心とする海外では、工場等の生産ラインが多く、鉄などの資源が大変重宝されます。

そのため、事故車の活用は海外需要に応じても流通させることができるので、買取業者が求めているのです。

PAGE TOP