車買取おすすめ比較ランキング 最新版

車を手放すなら下取り?それとも買取り?

車の下取りと買取りどちらがお得?

新車を購入するときは下取りと買取りどちらが得なのでしょうか。新車購入時に役立つ秘密を解説。

車の下取りと買取りどちらが得か

下取りと買取りの違い

車を買い替える時によく耳にするのが「下取り」です。

「下取りと買取りって何が違うの?」

「よくわからないけど下取りすれば新車が安く手に入るから」

という方もいらっしゃるかと思います。

実はこの下取りというシステムは、しっかり損得勘定しなければ損をしている可能性があります。

実際に下取りと買取りはどのようなメリット・デメリットがあるのか確認してみましょう。

ディーラーはなんでもわかっているわけではない!

下取りとは、購入したい車を扱う各メーカーのディーラーさんに売りに出す自分の車を見てもらい、その車の売却価格を新車の購入代金から引くという取引です。

値引きとして車を引き取ってもらうので、全く価値がない車でも下取りであれば、値段がつくこともあります。

しかし、車を査定してくれるのは各メーカーのディーラーさんになりますので、自社以外の車には案外疎かったりします。

ディーラーは基本的に新車を扱っているので、中古車の買取価格はけっこう曖昧につけています。

その為、人によって価格が安定せず、運悪く価値がわからないディーラーに当たってしまった場合、下取り価格が本来よりも、下がってしまう可能性が高いです。

また、下取りを希望する場合は「下取り調整」をしてから、合計金額を提示されることが多いかと思いますが、下取り価格と値引き価格、どちらがいくらの価格なのかきちんと確認しないと危険です。

悪質な店舗の場合、片方が高額な時に、もう片方の金額を誤魔化されてしまったりすることもあるので注意が必要です。

下取りよりも買取りの方がお得!?

買取店では、中古車を主に扱っているので、様々なメーカー・車種の知識があります。

店舗で常に買取価格のデータを保持しているので、相場の変動にも強く、純正品以外の部品でも評価してくれる場合がある為、下取りに出した場合よりも結果的に値段が高くつくことが多いです。

下取りと違って先に車を売り払ってしまうので、納車されるまで手元に車がなくなってしまうことがデメリットとなります。

しかし、最近では納車までの期間、代わりの車を用意してくれる買取店が増えているので、それらを有効に活用することでデメリットはほぼなくなります。

PAGE TOP