車買取おすすめ比較ランキング 最新版

処分したい車をお得に手放す方法

車の処分で一番得する方法はコレ!

いらなくなった車の処分、できるだけ得をして手放したいというのが本当のところ。車の処分方法の中で一番得するのはどの方法なのか、詳しく解説します。

車の処分方法とメリット・デメリット

車の廃車手続きをして処分する

いらなくなった車は、廃車手続きを行うことで処分することができます。

廃車手続きというのは「もう、この車は使いません」と申請を出して、正しい方法で車を処分することです。

廃車手続きには、引越しや海外赴任などで一時的に使わなくする「一時抹消登録」と今後一切使えなくする「永久抹消登録」とがありますが、車がいらなくなったのであれば、永久抹消登録を行うことになります。

この廃車手続きは自分で行うこともできますし、ディーラーに車を持って行って手続きしてもらうこともできます。

自分で行う場合には比較的安い費用で済みますが、各所に出向いて手続きやスクラップをしなければならないため、多くの手間と時間がかかります。

また、ディーラーであれば車を持って行くだけで処分してくれますが、いらない車の処分に5~8万円と高額な費用がかかってしまいます。

もちろんディーラーで新車を購入したのであれば、多少処分代を割引してくれる可能性はありますが、新規で持ち込みをする場合だと、7~8万円程度になると覚悟しておいた方が良さそうです。

オークションに車を出品して処分する

車の処分にはインターネットを利用する方も多く、オークションでいらなくなった車を出品することもできます。

オークションでは個人間の売買になりますので、熱烈なファンのいる人気車種以外はあまり高額な落札は期待できませんが、日本全国から多くの方が見ていますので、安くても買ってもらえる可能性があります。

ただし、オークションの場合は出品から引き渡し、名義変更まで全ての手続きを自分で行わなければなりません。

そのため、出品者との日程調整や業者への申し込みなど、連絡・手続きに非常に時間がかかりますし、落札者が見つかり、引き渡しが行われるまでの間駐車場代がかかりますので、すぐに処分したいという方にはあまりオススメできません。

また、オークションでは出品者と落札者の間でトラブルが生じることが多く、特に車のような高額商品はトラブルになりやすいため、その点も理解した上で利用するようにしましょう。

車買取で処分する

車買取とは、いらなくなった車を状態・走行距離などで査定を行い、買取ってもらう事の出来るサービスです。

車の処分方法の中では人気が高く、幅広い年代の方が利用しています。

車の買取はお店の査定士が出張しますので、日程を調整しなければなりませんが、基本的には年中無休で行っている買取店がほとんどですので、休日に合わせて指定すれば問題ありません。

普通の車であればオークションのように「落札してもらえない」「お金にならない」といったことがほとんどありませんので、確実に処分してお金にすることができます。

また、買取された車は基本的に国内外で中古車として再販されますが、最近では不動車や事故車であっても買取してもらうことができます。

車の処分を検討するのであれば、車買取を利用するのが最もお得に処分できる方法です。

PAGE TOP