車買取おすすめ比較ランキング 最新版

車を買取に出す時の流れを確認

車買取の流れ簡単4ステップ|手続きの注意点・買取のコツも紹介!

初めて車を売る方でも安心して利用できるよう、買取の流れを分かりやすくお伝えします。
手順の中で特に知っておきたい注意点や、高価買取につながるポイントもまとめました。

STEP1.公式サイトから査定を申し込み

新しい車を購入する方は「下取り」か「買取」を決める

車を売る方の多くは新しい車への乗り換えを検討していますが、売却方法として販売店・ディーラーの下取りを利用するか、買取専門店を利用するかを最初に選びましょう。

下取りは新車への乗り換えがスムーズなのがメリットですが、売却価格は割引に充てられるため、価格は低めに算出されがちです。

一方、買取は新車への乗り換え時期に合わせることはできませんが、売却価格は下取りよりも高くなります。

利便性を重視するのか、価格を重視するのかで利用すべきサービスが異なりますので、しっかり違いを理解して洗濯しましょう。

「直接申し込み」か「一括査定」を選ぶ

買取店と一概に言っても、名前、郵便番号、車種など簡単な項目を入力するだけで愛車の査定額の簡易見積もりを出してくれる買取店や、複数の買取会社の簡易見積もりを算出し、その中から出張査定を選べる形態など様々です。

利用したい買取店が決まっている場合は、そのお店の公式サイトにアクセスし、直接申し込みを行いましょう。

「どの買取店が良いか分からない」「買取価格やサービスを比較して決めたい」という方は、1度の申し込みでまとめて依頼できる一括査定がおすすめです。

一括査定は大小様々な買取店が登録をしていますが、他店と比較される事を前提にしているので、より高い買取価格が期待できます。

情報はできるだけ詳しく入力

公式サイトや一括査定サイトから査定の申し込みをする時は、個人情報に加えて売りたい車の情報も入力します。

3~4個の必須項目だけで申し込むこともできますが、基本的にはできるだけ細かく入力するのが良いでしょう。

申し込みを受けた買取店は、入力された情報をもとに準備を行ったり、金額の目途を立てて買取可否の対応を決定します。

大まかな情報しか得られていないと、実車査定の段階で買取店と顧客の間に相違が発生し、「こんなはずではなかった」「もっと高く売れると思ったのに」と良い取引にならなくなってしまうリスクがあるのです。

入力情報の中には、車や車検証を見ないと分からない項目もありますが、申し込みの時点で出来る限り詳しく伝えた方がお互いに気持ち良く売買できます。

申し込みの後は必要書類の確認

車を売る時は車体だけでなく、車検証や納税の証明など様々な書類を準備する必要があります。

買取査定を受けると決めて申し込んだら、必要書類が手元にあるか確認しておきましょう。

この時点で確認しておくことで、万が一紛失している場合でも迅速に対応できますし、買取店に相談したり再発行する時間的余裕もあります。

ただし、売却予定の車にまだ乗る方は、車内に置いておかないと法令違反になってしまう書類もありますので、確認後は1つにまとめてダッシュボードやトランクで保管しておくと安心です。

STEP2.出張査定の日時を調整

夕方以降の時間を希望するなら相談を

買取申し込み後にお店から査定額の概算が提示されますが、具体的な買取額は実車査定を受けないと分かりませんので、出張査定の日程を調整しましょう。

基本的には年中無休で行っている買取店がほとんどですから、平日・休日を問わず日程を選ぶことが可能です。

査定では、細かい傷やエンジンルームなど内部の状態まで確認しますので、午前~夕方前までの時間帯をおすすめされます。

もし、仕事や予定等で夕方以降の出張査定を希望する場合には、日程調整の段階で買取店と相談してみましょう。

他社と比較をしたいなら数日にまとめる

特に一括査定を使って買取の申し込みをした方は、複数の買取店の査定結果を比較し、売却するお店を選びたいというケースがほとんどです。

他社と比較してはいけないルールはありませんので、納得できるだけ十分に出張査定を受けましょう。

ただし、車の買取相場は日々変動しているため、実車査定で提示された査定額がいつまでも通用する訳ではありません。

できれば1~2日以内、遅くとも5日以内に返事をしないと、再査定が必要になってしまうのが一般的です。

複数の買取店から出張査定を受けるのであれば、1~2日でまとめるようにし、見積もりの有効期限内に返事ができるようにしてください。

不安があれば応対するスタッフに確認

初めて車買取を利用する方は、「必要書類が一部足りない」「車のローンが残っている」「査定の間、車を置いておける場所がない」など、出張査定にあたって様々な不安を持つかと思います。

もし少しでも気になる部分や分からない事があれば、出張査定の日程を調整する時に、買取店のスタッフに確認してみましょう。

特に、紛失書類の再発行やローン契約中の車の売買などは、買取店によって対応が異なりますので、事前に確認しておくと安心です。

また、万が一出張査定で算出された買取額に納得ができず、キャンセルをした場合に費用が発生するのかどうかも、併せて日程調整の時点で確認しておくと良いでしょう。

電話の対応も審査の対象に

出張査定の日程を決める時は、車買取店のスタッフと電話で連絡するケースが多くあります。

この際、「担当者の対応は良かったか」「説明は丁寧で分かりやすいか」などもチェックしておきましょう。

オペレーターと査定担当者は異なるケースがほとんどではありますが、電話でも顧客対応がきちんと出来ている買取店は、査定士の対応にも期待が持てます。

大切にしてきた愛車を高く売る事はもちろんですが、手続きなどを安心して任せられる買取店を選ぶことも重要な要素です。

査定日の前に行っておきたい整備

車の買取査定では、実際に車の外観・内装・内部などをくまなく確認し、査定額を算出します。

少しでも状態の良い車の方が買取価格が高くなるため、出張査定の前には自分でできる整備や手入れを行っておくと、より高価買取が狙いやすくなります。

どのような事を実施すれば良いのかは、買取店における査定の基準が分かっていると、おのずと見えてくるものです。

あえてお金をかけて修理したり、清掃する必要はありませんが、自分でできる範囲のメンテナンスはしておきましょう。

STEP3.予約日に愛車を査定

車の所有者が立ち会うのがベスト

出張査定の予約日時になったら買取店のスタッフが自宅に来るので、査定をお願いしている車を実際に見て、買取価格を算出してもらいます。

車買取の流れの中で最も重要な部分ですから、車を所有している方が立ち会って話を聞くのが一番です。

また、所有者が未成年や学生の場合は保護者、高齢の場合は家族が立ち会い、正しく売買契約が結べるように努めましょう。

出張査定で行われる査定の時間は、熟練した査定士が行って15分程度、長くても30分程度で終了するのが一般的です。

出張査定は時間がかかるのではないかと心配される方も多いですが、前後の説明等を含めても1~2時間あれば十分に終えられます。

もし、査定の後に予定が入っている場合は、あらかじめ担当者に時間制限を伝えておくと、スムーズに対応してもらえます。

疑問や不明点は遠慮せずに質問

車にあまり詳しくない方が買取を利用した際、「査定結果や査定士の説明の意味が、よく分からなかった」という声もたまに聞かれます。

もし、査定士の話を聞いて不明点や疑問点が生じた時は、その場でしっかり質問し、不安を解消しましょう。

ほとんどの担当者は丁寧に対応してくれますので、車に詳しくない方や買取を初めて利用する方にも理解できるよう解説してもらうことができます。

逆に、いろんな質問をしてみた時に対応が不親切な買取店は、信頼して契約できないため、あまり利用しない方が良いかもしれません。

車の買取価格だけでなく、査定士の人柄・対応も評価の対象にして、どのお店なら安心して高く売れるのかを検討しましょう。

STEP4.成約したら買取店へ売却

売却する買取店が決まったら契約手続き

買取額の提示をされたら、申し込み時に提示された概算査定額から、何によっていくら減額・増額されたのかを確認しておきましょう。

査定額・内容に問題がなく売却を承認すれば、その場で成約となります。

無事成約となったら買取店と売買契約を締結し、必要書類を渡して手続きの代行を依頼します。

車両の名義変更等に必要な手数料は、実費を支払う必要はなく、買取店が無料で実施してくれますので安心です。

ローン支払い中の車を買取ってもらう場合には、ローンの組み替えや買取額の充当なども聞いておくようにします。

また、成約時に車両の引き渡し日が決められますので、その日までに車内の整理を行っておきましょう。

万が一、買取額に納得ができない場合はキャンセルすることも可能です。

基本的に車買取は出張査定が無料ですので、キャンセルしたからといって特別かかる費用はありませんが、お店によっては出張料やキャンセル料がかかる場合もありますので、トラブルを防ぐためにも日程調整の時点で確認しておきましょう。

他の買取店と比較したい時は条件が設けられる場合も

その場で成約せずに検討という対応ができる買取店もありますが、その場合「車を移動させない・運転しないこと」「○日以内に返事をすること」などの一定の制約がある上で、買取額を保証してくれるお店もあります。

他社比較をする事を正直に伝える必要はありませんが、査定士に検討したい旨を伝えた上で、いつまで猶予をもらえるのか確認してください。

状況によっては希望日に副えない事もありますが、規定の厳しい買取店でも1~2日程度であれば待ってくれる事がほとんどです。

買取額は「手渡し」「振込」のどちらかを確認

実車の引き渡し当日に買取店へ車を渡したら、あとは買取額を支払ってもらうだけです。

引き渡し当日にその場で買取額を支払ってくれるお店もありますが、基本的には車両の引き渡しが完了した後に振込となります。

後日振込される場合は、何日後に支払われるのかを確認し、きちんと入金額を確認しましょう。

買取の場合、下取りと違って受け取ったお金の用途は決められていませんので、新しい車の購入代金に充てるだけでなく、趣味や旅行、貯蓄などに使うことも可能です。

PAGE TOP