車買取おすすめ比較ランキング 最新版

車買取業者の失敗しない選び方

車買取業者の失敗しない選び方|実車査定前におさえたいポイントも解説

査定をしてもらう業者を適切に選ぶことが、満足のいく車買取を行う秘訣です。
「複数社に査定を依頼したい」「一括査定で業者を絞りたい」という方のために、車買取の流れに沿って、業者の正しい選び方をお伝えします。

STEP1.査定してもらう車買取業者を選ぶ

車買取業者の規模を比較してみる

車買取業者と一口に言っても、様々な規模の業者があります。

たとえば、「ガリバー」「カーセブン」「ラビット」といったテレビCMを流しているメジャーな大手買取店から、「オートバジェット」「indio」「車買取No.1」などのようにあまり名前を知られていない業者までたくさんあります。

大手の方が知名度が高いため安心感はありますが、実は「大手の方が良い」「小規模店が良い」と一概に言うことはできません。

車買取業者は規模によっても特徴があり、何を重視したいのかで選び方が変わるため、それぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。

有名店・規模の大きい車買取業者の場合

買取った車を日本全国に流通させる力があり、業者によっては海外へ輸出する場合もあるので、多くの車を買取ることが出来ます。

車の買取価格は全体的に市場相場前後となることが多く、突出して高額になることはありませんが、平均的な価格で買取ってもらえるのが特徴です。

ただし、業者によっては中古車の入手量が多いため、あまり価格交渉に応じてくれない場合もあります。

また、規模が大きいと査定がある程度マニュアル化されているので、融通がききにくいこともあります。

知名度が低い・規模の小さい車買取業者の場合

名の知れない車買取業者だと、少々頼みづらい部分もありますが、実は規模が小さいからといって悪い訳ではありません。

確かに、全体的な買取価格の高さは大規模業者にはかなわないこともありますが、自社の在庫や売上動向等で需要が大きい車種の場合、かなり高い買取価格がつくこともあります。

車全般というよりは、何らかの得意な車種・方向性を持っている事が多く、売りたい愛車と合致すれば大手より評価してもらえる可能性があるのです。

また、規模が小さい方が社員の裁量が大きい場合が多く、交渉などで融通が利きやすいというメリットもあります。

査定を受ける業者は複数選ぶことが重要!

車の査定では、中古市場の人気・需要や車自体の状態の良し悪しが評価の対象になりますが、実は自社で中古車販売を行っている業者の場合は、各店の在庫状況も買取価格に影響します。

業者専用のオークションに出品するのと違い、自社販売するとなれば地域や顧客によって売りやすい車が変わるため、買取価格も上下するのです。

そのため、自分の車をどの買取業者に売れば一番高く売れるのかは、相場価格だけでは判断できず、実際に査定を受けてみる必要があります。

その際、きちんと価格を比較して選ぶために、必ず複数の買取店に査定の申し込みを行いましょう。

1社ずつ情報を確認し、申し込みをするのは非常に面倒ですので、車の一括査定を利用するのが便利です。

故障車、不動車、過走車は専門の買取店へ

一般的に言われる「車買取店」は、買取った車を中古車として再度販売することを目的としていますので、安全に走行できる車だけを対象にしています。

つまり、故障があり安全に走れない車や、既に動かない車、100,000km以上走行している車などは、買取価格がかなり安くなってしまったり、業者によっては買取不可になってしまう事があるのです。

このような車を売りたい場合は、車買取ではなく廃車買取を選ぶようにしましょう。

車買取業者で値段がつかなかったとしても、廃車買取業者ならパーツや素材、海外での需要を判断して価値を見出してもらえます。

STEP2.実車査定の予約をする

希望日前後で対応できるお店だけを選ぶ

車の買取価格は毎日変動しているため、複数の買取店に査定を申し込んでも、日程が開きすぎると比較になりません。

そのため、基本的には希望日1日で3~4社に査定をしてもらい、その値段で比べるのがベストな方法です。

スケジュールの調整が難しいという方も、できれば3~5日以内にはすべての業者の査定を受けて、価格を比較するようにします。

実車査定の予約をする時、希望日時で予約ができなかったり、当日・翌日の予約を強く勧めてくる買取店もありますが、そのような業者を選ぶ必要はありません。

特に一括査定の場合、1度の申し込みで5~10社にアプローチすることができますので、希望に沿って対応してくれるお店に査定を依頼しましょう。

査定日を複数用意できない場合は?

仕事が忙しい方や出張などで外出する事の多い方は、査定日を複数設けることが難しいというケースもあります。

その場合は、ユーカーパックのように査定が1回で完了するサービスもあります。

通常、一括査定を申し込むと、売りたい車に興味のある買取業者から直接連絡が入るため、1社ずつ査定の対応をしなければなりません。

この点、ユーカーパックは登録買取店の窓口となり、提携ガソリンスタンドで行った査定の結果を買取業者が確認するため、複数の査定を受ける必要がありません。

ただし、車の査定結果が1回だけで決まってしまうため、業者ごとに評価できるポイントがあっても反映されないというデメリットもあります。

STEP3.車の査定を受ける

車買取業者の選び方では「査定の所要時間」も大切!

車買取業者選びの中で、多くの利用者が見落としがちなのが「査定の所要時間」です。

複数の業者に出張査定を依頼した後、自宅や駐車場などで実際に車を見て、買取査定を行います。

車1台当たりの平均査定時間目安は10~30分と言われていますが、これよりも短い時間で査定を行う業者は、危険な可能性があるので注意しましょう。

車の査定では、エンジンルーム、タイヤ、社内、トランク、各設備の動作などあらゆる部分の確認をして回りますから、ある程度時間がかかるのは当然のことです。

しかし、それを10分もかけずに行うということは、査定している車をしっかり確認していない、あるいは見落としがあるということになります。

このような適当な査定を行っている業者では、成約後のトラブルにならないとも言い切れません。

提示された買取額は高くても、このような車の買取業者を選ぶのは、やめておいた方が良いでしょう。

安心して売るために、査定士の対応の良し悪しも確認

新車を購入する時に「ディーラーの人柄も大切」と言われていますが、これは車買取の業者選びにおいても同じことが言えます。

車買取を利用する場合、必ず業者のスタッフが自宅まで出張し、その場で車の査定・値付けを行います。

車のオーナーと会話をしつつ、車の状態を適切に判断して値段をつけていきますが、愛車の状態の説明や、買取上の良い点・悪い点をしっかりと根拠を持って説明してくれるのが良い査定士です。

もちろん、オーナー側からの質問に対しても、分かりやすく解答してもらえますので、疑問を残すことなく安心して売る事が出来ます。

しかし、中には「ろくにオーナーと会話をしない」「査定内容の説明もせずに、買取額だけを見せる」「質問にも曖昧な返事しかしない」といった、対応の悪い査定士もいるのが現実です。

自分の愛車を安心して買取業者に売るためには、自分が信用できると感じた査定士のお店を選ぶことも大切です。

【おまけ】書類の再発行を代行してくれる買取店が便利!

車を売る際、どの業者を利用するにしても「車を売る時に必要な書類は?買取利用時の準備リスト」に掲載している書類一式が必要になります。

基本的に車内で全て保管している人が多いですが、中にはいつの間にか紛失してしまい、査定の前に慌ててしまう方もいるものです。

そんな時、必要書類の再発行が必要になりますが、買取店によっては再発行手続きを無料で代行してもえる場合があります。

書類の再発行は手続きが煩わしく、運輸支局などまで足を運ばなければならないため、代行してくれる業者を選ぶとより手間なく売却することが可能です。

書類再発行の代行は成約した方だけのサービスになりますが、査定の時に無料代行をしているのか、担当者に確認しておくと良いでしょう。

PAGE TOP