車買取おすすめ比較ランキング 最新版

車買取に必要な書類と高価買取のコツ

車の高価買取のポイント

車を高価買取してもらう為に必要な3つのポイントを徹底解説。自分の愛車を高価買取してもらいましょう。

車の高価買取のための重要ポイント

買取価格を上げるために

誰でも車を売却するなら、少しでも高く売却をしたいものです。

しかし長く乗れば乗るほど、その車には様々なトラブルがでてきてしまいます。

また、バイクに比べて必要な書類も多いですから、準備する時にも注意が必要です。

今持っている車の状態は変えられないにしても、実は少し手間をかけてあげるだけで、買取額は上げることができます。

車の高価買取のためには以下の項目に気を付けましょう。

  • 必要書類の準備
  • パーツの整備
  • 車体のお手入れ

この3つをきちんと行うだけで査定額がぐっと上がり、売却の手続きもスムーズに行うことができるのです。

大切な愛車は最後まで大切に扱い、納得の金額でお別れできるようにしましょう。

車を売る時に用意するもの

車の売却時に必要な書類

普通自動車を売る場合、どの業者であっても以下の物を用意しなければなりません。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印、印鑑登録証明書
  • リサイクル券(預託証明書)
  • 運転免許証(本人確認)

必要書類別の注意点

自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書の3つは車内のダッシュボードやドアのポケットなどで保管している方がほとんどですから、全て揃っているかを確認するだけでOKです。

万が一なくしてしまった場合には、ほとんどの買取業者で再発行が可能ですから、査定日程調整時に確認してみましょう。

軽自動車を売る場合には実印・印鑑証明は必要ありませんが、代わりに認印を準備しておいてください。

リサイクル券とは、リサイクル料を支払い済みの車に対して発行されている券(預託証明書)のことです。

買取業者にこの券を渡すことにより、支払い済みの相当額を受け取ることができます。

ただし、その中に含まれる資金管理料金だけは最初に払った所有者の負担になりますので、その額を差し引いた額が返還されます。

高価買取のための車のチェック項目

車を売るときはカスタムパーツを外す

基本的に中古車は、カスタムパーツよりも純正品装備の方が高価買取に繋がります。

「買った車が改造されていた」なんてことはありませんよね?

どんなに高いパーツを装備していても、買取査定となるとマイナス評価になってしまうことがほとんどなのです。

お店が車を売るときには純正品で揃えた状態で売りますから、できるだけその状態に戻してあることで買取店の手間が省ける分買取価格を上げてくれます。

特に、カーナビやオーディオ機器については純正品でないと価格が上がりませんので、注意が必要です。

またパーツだけでなくステッカーなどの装飾も同様ですから、できるだけ剥がしておいた方が良いですね。

カスタムするにしても元のパーツは傷がつかないように大切に保管しておき、できるだけ車を購入した時の状態で買取査定に出しましょう。

車内の臭い・汚れはマイナス評価

査定額に大きく影響を与えるのが、車中の臭いです。

特に多いのが車内で喫煙される方の車ですが、煙草を吸っている人の車に入ると独特な匂いが付着しているため、あまりよい査定が望めません。

中古車にはありがちですが、この臭いをしっかり消すことによって査定額の大幅アップが期待できますので、消臭剤やスプレーなどでできるだけカバーしておきましょう。

タバコだけでなく、ペットの臭いなど次に乗られる方が不快に思う臭いも査定額に影響してしまうので、しっかりと消臭しておきましょう。

買取後には業者で車のクリーニングをしてくれますが、査定前には自分で車内の清掃を行うようにしましょう。

もちろん、長年使っていれば取れなくなったシミなどが付いてしまうのは仕方のないことですが、ゴミや埃などの自分でケア出来る部分はしっかりと掃除しましょう。

細かい傷は補修し、洗車をしておく

車を使用していれば、必ず細かい傷がついてしまうものです。

ドアの開閉や少し障害物で擦れてしまった程度の傷であれば、コンパウンドで磨くことで綺麗に補修することができます。

実は、このような細かい傷も買取査定で価格が下がる原因となってしまいますから、できるだけ自分で手間をかけて買取価格アップを目指しましょう。

また、査定前には洗車やワックスがけで綺麗な車体にしておくことで査定士の受ける印象も良く、「大切に扱ってきた車だから・・・」と考慮してくれたりもします。

PAGE TOP